No.092 オアシス/スーパーソニック (1994)

オアシス 20周年記念デラックス・エディション
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その92
Oasis – Supersonic

オアシスはリアム・ギャラガー(vo)とノエル・ギャラガー(g)の、仲の悪さが始末に負えないギャラガー兄弟を中心としたイギリスのマンチェスター出身のバンドだ。
1994年にこのシングルでデビューした。

そして15年の活動期間を経て、兄弟の仲の悪さがMAXに達し、殴り合いの喧嘩の末、2009年に解散した。

80年代に登場したジーザス&メリー・チェインがフィードバックノイズを最大音量で放射しながら、ノイズの向こうに微かに聴こえるシンプルなロックンロールを奏でるというちょっと前衛アートみたいなカッコよさにわれわれはシビれた。

それに影響されて轟音ギターバンドがイギリスで続々と出てきてわれわれはそれもまた大いに楽しんだのだけど、そんな彼らがどいつもこいつもあまり大成せずにすぐに消えて行ってしまったのは、やはりソングライティングが物足りなかったからだと思う。

そんな轟音ギターバンドたちが惜しまれつつも続々と消えていったころに登場したのが、このオアシスだった。
彼らはサウンドもラウドで十分にカッコよかったが、ノエル・ギャラガー(兄)によるその卓越したソングランティング能力で他のバンドを圧倒した。

1994年4月5日、ニルヴァーナのカート・コバーンが自殺すると、アメリカで盛り上がっていたグランジ・ブームも終わった。
そしてその6日後、まるで主役の座が入れ替わるようにして、この「スーパーソニック」が発売されたのだった。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする