No.205 ジョニー・キャッシュ/フォルサム・プリズン・ブルース (1955)

AT FOLSOM PRISON
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その205
Johnny Cash – Folsom Prison Blues

ジョニー・キャッシュは1955年6月にサン・レコードから「ヘイ、ポーター」でデビューし、同年12月に2ndシングルとして発売されたのがこの曲だ。

1955年と言えばロックンロールが誕生した年だ。
この曲もまた、その偉大なる年に生まれたロックンロールの原型のひとつだ。
ギターソロもシンプルだけど、エッジの効いたロックンロールの香りがする。わたしはこのギターソロも大好きだ。

列車の音が聞こえてくる
きっと金持ちが食堂車で葉巻でも吹かしてるんだろう
でも俺はフォルサム刑務所に閉じ込められてる

おふくろはいつもいい子にしなさい、と言ってた
銃なんかで遊んじゃダメだって
でもおれはリノで男を撃ったんだ
ただそいつが死ぬところを見るためだけにな
(written by Johnny Cash)


なんとも恐ろしく哀しい歌だが、彼はいつもこれをライヴのオープニングで歌っていたそうだ。

この動画はカリフォルニア州立サン・クエンティン刑務所でのライヴである。
彼は道を踏み外して収監された囚人たちにシンパシーを感じたのか、刑務所での無料ライヴを何度か行っている。
もう1曲目からこの歌で、そりゃ盛り上がるに違いないが、よくこの曲を演奏することを許されたもんだと思う。
まあ、もし許されなくても彼なら演奏するだろうけど。

実際のフォルサム刑務所でも彼はライヴを行い、ライヴ盤も残されている。
この曲も演奏され、もちろん大盛り上がりである。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする