No.294 ザ・ストロークス/12:51 (2003)

ルーム・オン・ファイア
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その294
The Strokes – 12:51

ニューヨーク出身のザ・ストロークスは、2001年にイギリスのレコード会社からデビューした。
長い間アメリカでは見かけなかったようなルックスのバンドだなあ、と思ったものだった。

わたしの会社の、20代の若い同僚がやけに古いロックに詳しいので、どうしてそんなものを聴くようになったのかと尋ねてみると、わたしにとってはものすごく意外な答えが返ってきた。
「ストーンズの”カム・オン”を聴いた瞬間に、ストロークスみたい!カッコいい!って思ったんです」
そのつながり方の意外性に驚くと同時に、なるほどと納得もして、なんだかちょっと感動したのだった。

90年代は英米共に轟音ギターロックが流行し、そこから派生したヘヴィロックやミクスチャーロック、デジタルロック、ポストロックなど、ロックは多種多様なものへと膨張していった。

その90年代が終わって、21世紀のロックシーンに颯爽と現れたのがザ・ストロークスだった。
彼らの音楽は、シンプル極まりない軽快なロックンロールだ。
ヴォーカルのクセが凄いのが現代的だけど、90年代の轟音ギターやヘヴィロックに慣れた耳には新鮮で、カラっと快く響いた。

彼らの音楽はメディアによって≪ロックンロール・リバイバル≫と名付けられるムーヴメントのシンボルとなった。
2001年、ロックはふたたび、50年の時空を超えて原点回帰したのだ。

1stは、香りは最高だが苦みも強いブラックコーヒーみたいな印象だったが、2ndで彼らは更なる成長を見せる。
この曲はその2ndアルバムからのシングルカットだ。

この曲なんかは意外にも少し甘みも感じる、カフェラテみたいで聴きやすく、これもまた魅力的である。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする