No.456 UFO/ロック・ボトム (1974)

Phenomenon
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その456
UFO ROCK BOTTOM

この曲はまたべつのお友だちからのリクエストだ。
なんだかラジオのDJみたいな気分だな(嬉しい)。

昨日の「ロックンロール黄金時代」はギタリストの友お友だちだったけど、こっちはドラマーのお友だちだ。豊田のリンゴ・スターと呼ばれている。昔はリンゴを売っていたらしい。
今では手広く事業を展開している実業家であり、町の名士でもあり、将来は政界に進出するかもしれない。

そんな名士の彼におもねるわけではないが、彼に薦められたUFOのアルバム『現象』を聴いてみたら結構気に入ってしまった。
だからその中から1曲選ぶことにしたのだ。
わたしは1曲目の”Too Young to Know”のギターのクネクネした艶っぽいイントロがとても気に入ったが、やはりここは代表曲の「ロック・ボトム」にしておこう。

わたしは友人はもちろん、たまたま飲み屋で会っただけのよく知らない人でも、薦められた音楽はすべてスマホでチェックしておいて、必ず後で聴くようにしている。
それがきっかけで出会った曲やアーティストも数多いし、この≪500≫に選んだものも実はけっこうある。
ブログのおかげでさらにたくさんの良い音楽に出会えるきっかけが増えてとても嬉しいし、だからやめられない。

74年のUFOの3rdアルバム『現象』は、初代のギタリストが突然失踪して、ライブのサポート・バンドだったスコーピオンズのマイケル・シェンカーが急遽代役を務めたのをきっかけに、後に彼が正式に加入した最初のアルバムだ。

そのマイケル・シェンカーの存在感がものすごく濃いアルバムで、この「ロック・ボトム」あたりで完全に70年代ハード・ロックの完成形にシフトしたようだ。
シェンカーさんの弾くギターのフレーズはずっとクネクネ、ウネウネしているのが面白いなあと思った。
もしもわたしが女子なら内股がモジモジしてしまいそうな色っぽいギターである。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ごろー より:

    A.U.H.2年とはなかなか早熟ですね。
    マイケル・シェンカーとか、ハード・ロックとか、わたしはよく知らないだけで、知ってて却下してるわけではないのです。

    だからUFOなんかでも、知らないだけで、教えてもらえば結構気に入ったりすることもあります。

    r-blues氏の推薦する”究極のギター・ロック ベストテン”なんかを教えていただけたら喜んで聴いてみますよ!

  2. r-blues より:

    A.U.H.2年の衝撃でした。
    衝撃だったのは、1982年のFMラジオでヘビロテしてた事じゃなく、ギターソロの長さでした…。

    GoroさんがUFOって…ちょっとだけ意外ながら嬉しいdeath。
    少なくとも、ソロになってからの”Michael Schenker” は完全却下される気がしてましたし、私の求める「Goroさん」にはそうあって欲しいと…。
    いや、求めてる訳では無いんデスが。
    …すみません、求めてました。
    …..求めてます。
    (-_-)/~~~