オーティス・レディング【名曲ベスト5】Otis Redding Greatest 5 Songs

THE DEFINITIVE STUDIO ALBUM COLLECTION [7LP BOX] [12 inch Analog]

米ジョージア州出身のオーティス・レディングは、同郷のリトル・リチャードに憧れて歌手を志し、バンド活動を経験した後、1962年、21歳の時にソロ・デビューする。

魂から情熱が迸るような唱法によるディープなソウル・ミュージックは、ソウル界に革命を起こし、ロック界にも多大な影響を与え、人種を問わず支持された

黄色人種のわたしも、30歳ぐらいのときにオーティス・レディングを聴き始めた。
それまでのわたしはほぼ白人のロックしか聴いていなかったので、レコードやCDのラックなんかは、目が痛くなるぐらい真っ白に輝いていて、たまに黒い影があったとしても、ジミヘンかチャック・ベリーぐらいのものだった。

そんなわたしがオーティスを聴いてハマってしまった。

オーティスの声ももちろんいいけれど、わたしはあのサウンドにもシビれた。ロックを聴き慣れたわたしの耳には、異質のサウンドに聴こえたのだ。

まるで真っ暗闇の中で重量級のベースが振動し、ギターがキラキラと火花のように音を立てる。ドラムは見えない場所から撫でるように優しいリズムを刻み、少し眠たげな馬のようにホーンがいななく。バラードを歌うオーティスは闇の中でずっとなにかを探すように、手探りしながらさまよっている。そんなイメージだった。

ノスタルジックでもあり、情熱的でもあり、苦悩しているようにも、生命を謳歌しているようにも聴こえた。

オーティスにハマったわたしは、その後さらにソウル・ミュージックを聴き進め、何年かどっぷりその世界に浸かって真っ黒け焦げになっていたものだった。

残念ながらオーティスはデビューからわずか5年、飛行機の墜落事故により26歳で世を去った。たったの26歳だったとは思えないほど、良い意味で老成した深い音楽を彼は遺した。

以下は、わたしが愛するオーティス・レディングの至極の名曲ベスト5です。

第5位 ジーズ・アームズ・オブ・マイン(1962)
These Arms of Mine

songwriter : Otis Redding

Pain in My Heart by OTIS REDDING (2013-03-26)

全米85位、R&Bチャート20位。オーティスのデビュー・シングルであり、〈ディープ・ソウル〉が誕生した瞬間だった。

わずか21歳という、少年に毛の生えたような若者の作とは思えないほど深い味わいのある、胸に沁みる美しいバラードだ。

RCサクセションの名曲「スロー・バラード」を聴くといつも、市営グラウンドに駐めた車の中で恋人と毛布にくるまっているときにカー・ラジオから流れるてくる曲は、この曲ではないかなといつも想像してしまう。

第4位 ペイン・イン・マイ・ハート(1963)
Pain In My Heart

songwriter : Naomi Neville

Pain in My Heart by OTIS REDDING (2013-03-26)

全米61位、R&Bチャート11位。

これを録音したときのオーティスは22歳なのだけど、その歌声にはすでに老成したような渋さや説得力を感じる。若造なのに、貫禄十分である。

オーティスの声だけでなく、わたしはこのなんだか真っ暗闇の中で歌っているみたいなダークなサウンドも好きだ。

第3位 愛しすぎて(1965)
I’ve Been Loving You Too Long

songwriters : Otis Redding, Jerry Butler

Otis Blue [12 inch Analog]

名盤『オーティス・ブルー』収録の、オーティスの〈泣き節〉が激しく炸裂する、ドラマチックな名バラードだ。全米21位。R&Bチャート2位。

このライヴ動画も、鳥肌が立つような凄いヴォーカルだ。
モンタレー・ポップ・フェスティヴァルに出演して、白人の若者たちのハートを一撃でつかんだという伝説も納得である。

第2位 この強き愛(1964)
That’s How Strong My Love Is

songwriter : Roosevelt Jamison

The Great Otis Redding Sings Soul Ballads

「おれの愛はなんて強いんだろう!」って自分で自分の愛の強さに感嘆している、いかにもオーティスらしい代表曲。全米74位。R&Bチャート18位。

明るい曲調のバラードで、なんだか生きる意欲が湧いてくるような、何度聴いてもグッとくる、感動的な名曲だ。

「この強き愛」の過去記事はこちら

第1位 ドック・オブ・ベイ(1968)
(Sittin’ On) The Dock of the Bay

songwriters : Otis Redding, Steve Cropper

The Dock of the Bay

この曲をレコーディングしたわずか3日後に、オーティスとバンドメンバー、スタッフが乗った自家用飛行機が湖に墜落し、オーティスは還らぬ人となった。

寂しげで、疲れ切ったように歌われるこの穏やかな名曲は、それまでのオーティスのイメージと違い、泣き節やシャウトも無いのに、心を揺さぶる歌になっている。
オーティスの新しい一歩であると同時に、ソウル・ミュージックの新たな扉を開くような画期的な名曲だった。

オーティスの死後、シングルで発売され、彼にとっては初めての全米1位となった。

オーティスが開け放った扉のおかげで、ロック・ファンもソウルの世界に入っていきやすくなり、その魅力を知った人も増えたに違いない。わたしもそのひとりだ。

「ドック・オブ・ベイ」の過去記事はこちら

選んだ5曲の動画がまとめて見れます。

↓まとめ動画集

ぜひお楽しみください。

Visited 79 times, 1 visit(s) today