ラモーンズ/ドゥー・ユー・ウォナ・ダンス(1977)

Rocket to Russia

【カバーの快楽】
Ramones – Do You Wanna Dance?

ラモーンズの1977年の名盤『ロケット・トゥ・ロシア』に収録された、ビーチ・ボーイズの1965年のヒット曲のカバーだ。

イントロなしの歌い出しからいきなりハイ・ヴォルテージの、ノンストップ・ロックンロールだ。まさにラモーンズにぴったりの曲だ。

ラモーンズは他にもビーチ・ボーイズの「サーフィン・サファリ」や、ジャン&ディーンの「サーフ・シティー」(ブライアン・ウィルソン作)などもカバーしていて、60年代アメリカのサーフ・ミュージックが彼らの音楽のルーツになっていることがよくわかる。

そう思って聴けば、同じアルバムに収録されている「ロッカウェイ・ビーチ」なんてモロにサーフ・ミュージックだし、「シーナはパンクロッカー」だって、「アイ・ウォナ・ビー・ユア・ボーイフレンド」だってそんなルーツが見え隠れする。

チャック・ベリー~ビーチ・ボーイズ~ラモーンズという、直線ビートのアメリカン・ロックンロールの家系図のど真ん中で縦に並ぶ3組が見えるようだ。

動画は、ラモーンズが出演した映画『ロックンロール・ハイスクール』でのワンシーンだ。