エディ・コクラン/サムシング・エルス(1959)

エディ・コクラン・ベスト

【50年代ロックの快楽】
Eddie Cochran – Somethin’ Else

エディ・コクランの彼女のシャロン・シーリーと、エディの兄、ボブ・コクランが書いた曲だそうだ。

エディ・コクランは今でこそバディ・ホリーなどと並んでロック・オリジネイターのひとりとしよく知られているけど、実は当時はそれほど売れてはいなかったようだ。
トップ10入りしたのは「サマータイム・ブルース」だけで、「カモン・エヴリバディ」は35位、この「サムシング・エルス」は58位と、だれもが知っている、というほど売れたわけではない。こんなにカッコいいのにな。

でも、わたしがパンクを知って、遡ってルーツ・ロックを聴き始めたときに、50年代のアーティストではコクランはあまり古さを感じさせず、とても聴きやすく感じた。もしかすると彼は、あの時代にはまだ早すぎたのかもしれない。

そして彼は21歳のとき、1960年の4月17日、ロンドン滞在中に、交通事故でこの世を去った。
しかしそのニュースも、アメリカでは地方紙が少しだけ報じた程度だったという。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする