【映画】『センチメンタル・アドベンチャー』(1982 米) ★★★★☆

センチメンタル・アドベンチャー ※スリムトールケース

【音楽映画の快楽】
Honkytonk Man

監督:クリント・イーストウッド
主演:クリント・イーストウッド、カイル・イーストウッド
音楽:スティーヴ・ドーフ

1930年代と思われる時代、やさぐれたカントリー歌手レッド(クリント・イーストウッド)がナッシュヴィルの有名なラジオ番組《グランド・オール・オープリー》のオーディションに出場するために16歳の甥ホイット(カイル・イーストウッド)を連れて旅をするロード・ムービー。

文無しの旅なので、道中の酒場でレッドが歌って稼いだり、2人で鶏小屋に忍び込んで逮捕されたり、脱獄したり、保険金詐欺をやろうとして失敗したりと、悪行三昧の旅をする。

厳しい家庭で真面目に育ってきたホイットは、自身とは真逆の破天荒な性格の伯父レッドを慕って、ギターを教わったり、一緒に作詞をしたり、マリファナの味を覚えたり、無免許で車を運転させられたり、筆おろしをさせられたりする。

これを演じているのがクリント・イーストウッドの実の息子だというところがまた凄い。監督である父親が、当時14歳の息子に、車を運転させたり、マリファナでラリったり、売春宿で筆おろしをする演技をさせているわけだからだ。
〈コンプライアンス〉が映画の内容にまで及ぶような、「フィクション」が撲殺されつつある今の時代から見ると、昔は良かったなあ、と思わずにいられない。

レッドはなんとかナッシュヴィルに着くものの、持病の結核が悪化し、医師からは歌うのを止められる。最後のほうはもう、号泣必至である。

クリント・イーストウッド作品は傑作ばかりだけれども、この映画はちょっと壊れたところもありながらも、心に深く残る名品だ。

イーストウッドの、独特の温かみのある優しい歌声も味わいがある。

ちなみに、息子のカイルは現在51歳。
ベーシストのジャズ・ミュージシャンとして活躍している。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする