名盤100選 54 ザ・クランベリーズ『スターズ~ザ・ベスト・オブ 1992-2002』(2002)

スターズ:ザ・ベスト・オブ・クランベリーズ1992-2002

クランベリーズはアイルランドのロックバンドだ。
アイルランドのアーティストと言えばU2、エンヤ、ヴァン・モリソン、シンニード・オコナー、ホットハウス・フラワーズ、スティッフ・リトル・フィンガーズと個性派ぞろいなのだが、このクランベリーズもまたかなりの個性派である。

ドロレス・オリオーダンという名前のこの女性ボーカリストは、見た目は革命戦士みたいでまったく可愛げはないものの、しかしその声は魔力を帯びたように魅力的だ。ほんとにもう少し愛嬌でもあれば「天使の歌声」とまで言いたいところだ。

初めて聴いたのはインディーズのコンピ・アルバムに入っていた「ゾンビ」で、曲もいいが、声そのものの美しさもさることながら、その力強く切れ味鋭いヴォーカルに驚愕した。シュガーキューブスというバンドの「バースデー」を聴いてそのヴォーカリストであったビョークから受けて以来の衝撃だった。

結成当時のバンドは男性ヴォーカルだったのだが、彼が脱退するときに友達の女の子を紹介してオーディションをやらせたと言う。それがドロレスだった。もしわたしがそのバンドのメンバーなら、そのオーディションの瞬間に世界を制覇したと思ったに違いない。

オーディオ好きを対象に限定した自慢ではあるが、先週サンスイのプリメインアンプ、94年製の707を中古で購入したのだ。
いいでしょう。
それからずっと好きなCDを取っ替え引っかえしては、グレードが格段に上がった音に時々「ほー」とか「うおっ」とか「はうあっ」とか言いながら楽しんでいるのだが、クランベリーズの「ジャスト・マイ・イマジネーション」なんてものすごくいい匂いの美女が微笑みながらすぐそこで歌ってるかのように聴こえて惚れ込んだのである。

もちろんサンスイにだが。
いやドロレスは、何度も言うが、べつに可愛くはないのである。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゴロー より:

    そうですか
    それなら今度行くときに持って行きますよ。

    ちなみにビョークはアイルランドではなくて、アイスランドの人です。

  2. まーこ より:

    アイルランド・・
    個性的な人が多いょね。。
    シュガーキューブはハマりました♪
    元々ビョークのエネルギッシュな歌声が大好きで逆戻りして聴いたのだけれども。

    空気や土地柄のせぃなのか、鼻にかかった声や音(ビョークやボーノとか、ロリーギャラガーのギターとか、)の神秘的で、閉鎖された様な田舎っぽさもあって、多少の陰を持った音楽が心地良かったりする。
    (あんまり聴きすぎるとクドくなるケド・・笑)

    ・・と、言う事でクランベリーズも聴いてみよぅと思った♪

  3. ゴロー より:

    懐かしすぎるわ
    その存在すら完全に忘れてましたよ。
    いったい何年ぶりにその名前を聞いたことか。
    たぶん最後に聞いたのもフェイク・アニの口からだろう。

    わたしも当時聴いたことがあったのかどうだったのかすら思い出せないが、もしかするとフェイク・アニの想像上のバンドなのかもしれない。

  4. フェイク・アニ より:

    アイルランド?
    やいやいやい、アイルランドのバンドと言えばやっぱ【パワー・オブ・ドリームス】でしょう!
    あ、またオレだけ?