No.118 ザ・シャングリラズ/黒いブーツでぶっとばせ (1964)

20th Century Masters: Millennium Collection
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その118
The Shangri Las – Leader of the Pack

こちらもニューヨーク出身のガールズグループ、シャングリラズの全米1位に輝いた代表曲だ。
曲を書いたのはロネッツの「ビー・マイ・ベイビー」と同じ、バリー&グリニッチ。
ロネッツもいいのだけど、わたしはとんがったイメージのシャングリラズも好きだ。

この曲はバイクのエンジン音やクラッシュのSEやセリフも挿入されるなどドラマっぽくなっている。シャングリラズにはこういう曲が多いらしい。

恋に落ちた相手が暴走族のリーダーで、両親がもちろん付き合うことを許さない。

最後にキスをして別れたら、彼は涙をあふれさせたまま雨の中をバイクで去り、事故を起こして死んでしまった、という3分間のメロドラマである。

リード・ヴォーカルのメアリーはめちゃくちゃ可愛いが、当時まだ16歳で、ギャルっぽい歌い方が歌の内容によく合っている。

Visited 15 times, 1 visit(s) today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする