No.221 シルヴィ・ヴァルタン/アイドルを探せ (1964)

ベスト・オブ・シルヴィ・バルタン
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その221
Sylvie Vartan - La plus belle pour aller danser

この≪500≫では初めてのフレンチ・ポップスだ。
実はわたしは昔からこの曲が大好きなのだ。

1964年のミュージカルコメディ映画『アイドルを探せ』はシルヴィ・ヴァルタンの主演作品で、この歌はその挿入曲として日本でも大ヒットした。
作曲はシャンソン界の大御所シャルル・アズナブール、弘田三枝子や中尾ミエによる日本語でのカバーも発売されたほどの人気曲だった。

わたしが生まれる2年前の話だ。
当時二十歳だった、わたしの母親のお気に入りでもあったらしい。

「アイドルを探せ」という邦題は映画のタイトルをそのままつけたもので、原題は「今夜のダンスのためにわたしは最高にキレイになる」という意味だそうだ。

ストリングスのアレンジが素晴らしい、オシャレで愛らしい名曲だ。

シルヴィのチャームポイントのすきっ歯には賛否両論あるかもしれないが、年をとってからも矯正せずそのままみたいなので、本人はあまり気にしてないのだろう。
それはそれで潔くてなんかカッコいいですね。

Visited 17 times, 1 visit(s) today