No.396 ブロック・パーティ/バンケット (2004)

Silent Alarm
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その396
Bloc Party – Banquet

ブロック・パーティは2004年に、この曲を収録したEPでデビューしたロンドンのバンドだ。

1980年代初頭に「ポスト・パンク」と呼ばれた、どちらかというとメロディよりもビートの個性が強いバンド、ギャング・オブ・フォーやキリング・ジョーク、PILといったあたりを彷彿とさせるため、フランツ・フェルナンドのブレイクあたりから始まった《ポストパンク/ニューウェイヴ・リバイバル》と呼ばれる一派として注目を浴び、この「バンケット」は全英13位まで上がった、初期の代表曲だ。

最初聴いたときは、ほとんど甘味抜きのクールな音楽だなと思ったけど、聴いているうちにけっこう熱いものも伝わってくるし、性急なビートと短いメロディのカッコ良さも好きになった。2000年代のリアルなポップソングだ。

ナイジェリア人の両親を持つヴォーカルのケリーは、いとこが人種差別主義者に殺害された経験を歌にするなど、社会派的なメッセージなどの側面も持つバンドだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ごろー より:

    Unknown
    わたしはファーストしか知らなくて、それ以降のものはこれを書くタイミングでひと通り聴いただけです。
    なので彼らに関してはよく知りませんので、フー太郎さんのコメントは結構助かります(笑)

    わたしはラジオのチャート番組で育ったせいかもともとアルバムよりシングル曲を中心に聴くほうなので、このブロック・パーティーも、当時「バンケット」と「ヘリコプター」が特に気に入って、それを繰り返し聴いていた感じでした。

  2. フー太郎 より:

    人種の坩堝
    ブロックパーティーのメンバー構成って、ケリー以外でもドラムが中華系だったりとバラエティ豊かで音楽性も、時期によってはバンドサウンドなしの完全エレクトロの時もあったりといい意味で一筋縄ではいかない所も面白いです。昔のガリガリの面影が全く無くガチムチマッチョになったケリーや、初期メンバーのドラムとベースが脱退してしまったりと色々な変化はあっても核となるケリーと、ギターのラッセルで芯を変えずに活動を続けてくれたら嬉しいです。