No.448 スティーリー・ダン/ドゥ・イット・アゲイン (1973)

Can't Buy a Thrill
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その448
Steely Dan – Do It Again

スティーリー・ダンは1972年にデビューした、ウォルター・ベッカー(リード・ヴォーカルのほう)とドナルド・フェイゲンのデュオユニットだ。ニューヨークの出身。
1980年に一度解散したが、93年に再結成して、現在も活動を続けている。

もしかするとスティーリー・ダンよりも、ドナルド・フェイゲンの『ナイトフライ』という大ヒットアルバムのほうが有名なのかもしれない。
録音が良いらしく、昔のオーディオ雑誌なんかで、オーディオの視聴の際によく使われていたレコードだった。

わたしはもう30年ぐらい前にこの「ドゥ・イット・アゲイン」を知ったけれど、その頃はべつに好きにならなかった。パンクでぴょんぴょん飛び跳ねてた頃だったのでね。

でも人というのは本人も知らないうちに変わるもので、久しぶりに聴いてみたら、あらまあずいぶんと洒落てていいじゃないのさ、なんて思ったりする。

この曲はスティーリー・ダンの代表曲で、全米6位の大ヒットとなった。

まあこれも50歳以上の人しかわからないかもしれないけど、これを聴くとわたしは甲斐バンドの「テレフォン・ノイローゼ」(’76)を思い出したりする。

元ネタかな。
気のせいかな。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぴょんママ より:

    最高でした!高校生の時、土曜深夜にベストヒットUSAで流れてきた。なんてコンゴボマラりーな極と思ってとひおきた。いまてもっとっも好きな曲。50年もたったのに、いつ聞いても素晴らしい❗️名局とはこれ。

    • ゴロー より:

      コメントありがとうございます。
      時代が変わっても本当の名曲は色褪せませんね。
      一生楽しめます。