No.447 ビリー・ジョエル/ピアノ・マン (1973)

piano man
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その447
Billy Joel – piano man

ビリー・ジョエルの2ndアルバム『ピアノ・マン』に収録されたタイトル曲で、彼の1stシングルでもある。
まだ無名だった時代で全米25位の中ヒットぐらいだったが、今では彼の代表曲となっている。わたしもこの曲がいちばん好きだ。

ビリー・ジョエルはニューヨーク出身で、大ヒットアルバム『ニューヨーク52番街』『ニューヨーク物語』など、ニューヨークのイメージが強いけれども、初期の3枚のアルバムの頃はロサンゼルスに住んでいて、この曲もロサンゼルスのラウンジバーで歌っていた自身の経験をもとに書かれた曲だ。

歌詞は、そのバーでよく見かけた実在の人々のことを歌っている。
小説家、不動産ブローカー、水兵、ウェイトレスなどなど。
彼らはそれぞれが、とても実現できそうもない夢を見ている。

歌ってくれピアノマン、歌ってくれよ
今夜そのメロディーで、おれたちを勇気づけてくれよ
(written by Billy Joel )

彼らがピアノ・マンに懇願している、温かいがちょっとせつない歌なのだ。

アルバム『ピアノ・マン』には、後のニューヨークに戻ってからのアルバムのような大ヒット曲はまだないけれど、ロサンゼルス録音だけあってカントリー・ロック的な要素もあるウエストコーストの音楽にちゃんとなっているところが面白いし、暖色系の聴きやすいサウンドがとても心地良い。

十代の頃は『ストレンジャー』や『ニューヨーク52番街』が好きだったけど、今ならわたしはこのアルバムのほうが好きだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アバター ごろー より:

    元気でなにより
    ホラー・ジャケット・シリーズというのも面白いですね。

    すぐに思い浮かぶのは、マリリン・マンソンの『アンチ・クライスト・スーパースター』や、モグワイの『カモン・ダイ・ヤング』。わたしにはこのあたりが最恐かも。

    どっちも『ブレアウィッチ・プロジェクト』系だな(笑)。

  2. アバター フー太郎 より:

    レオンラッセルばりのホラー感
    ピアノマンのジャケットはアメリカのB級映画のホラーに出てきそうな雰囲気がある気がします。昔は髪の毛もフサフサで今より遥かに細いですよね。時の流れを感じました。最近まさかの孫ではなく新しい子供が産まれる等まだまだ色々な意味で現役バリバリですね。