エリック・クラプトン&ボブ・ディラン/サイン・ランゲージ(1976)

ノー・リーズン・トゥ・クライ(紙ジャケット仕様)

【コラボの快楽】
Bob Dylan & Eric Clapton – Sign Language

エリック・クラプトンの76年のアルバム『ノー・リーズン・トゥ・クライ(No Reason to Cry)』収録曲。

ボブ・ディランをゲストに迎え、彼が書き下ろしたのがこの曲で、クラプトンとディランのデュエットで歌われている。

たった10小節の歌メロを繰り返すだけで、なんの展開もない、いかにもディランらしい曲だけど、わたしはこの曲が昔から大好きだ。こういう曲を書かせたら、ディランの右に出る者はいない。クラプトンのギターもいい。

2人のヴォーカルをきっちり合わせるわけでもなく、まるでリハみたいな、2人で自由に歌ったラフな感じがまたいい。

Visited 81 times, 1 visit(s) today