ザ・ホワイト・ストライプス/ブルー・オーキッド(2005)

ゲット・ビハインド・ミー・サタン

≪21世紀ロックの快楽≫その2
The White Stripes – Blue Orchid


5作目のアルバム『ゲット・ビハインド・ミー・サタン』のオープニング・ナンバーで、シングルカットもされ、全米43位まで上がった。アルバムも全米3位と大ヒットした。


アンティークなギターの、重いのにキレのいいリフとお転婆なドラムがカッコいい、ハードなロックンロール・ナンバーだ。ギターソロもシビれる。


なんとなくだけど、ホワイト・ストライプスを見てると、ジョニー・デップ主演のダークファンタジーみたいに思えてくる。
地獄からこの世に遊びに来た、やたらと音楽が好きなゴブリンの兄妹みたいだ。

良い意味でね。

Visited 7 times, 1 visit(s) today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする