テンプテーションズ【名曲ベストテン】The Temptations Greatest 10 Songs

Definitive Collection

米ミシガン州デトロイトで結成された5人組のソウル・コーラス・グループ、テンプテーションズは、1961年にモータウン・レコードからデビューした。

それから60年、メンバー・チェンジを繰り返しながらも5人編成の体制を維持し、一度も解散することなく、唯一のオリジナル・メンバー、オーティス・ウィリアムスをリーダーにして現在も活動を続けている。凄いことだ。

彼らは「テンプス」という愛称で呼ばれ、〈ソウルの帝王〉と呼ばれた。

ハイテナー、テナー、バリトン、バスと担当を分け、曲によってリード・ヴォーカルが替わり、ダンスや見た目も重視したハイ・クオリティのコーラス・グループで、60年代にシュープリームスやミラクルズと共にモータウン王国を築き、ヒット・チャートを席巻した。

さらに彼らが凄いのはその後だ。

時代が変わり、ロック、サイケデリック、ニュー・ソウル、ファンク、ディスコとめまぐるしく音楽の流行が変化すれば、それらを貪欲に取り入れ、果敢にチャレンジして、様々なスタイルのアルバムやヒット曲を残した。

彼らの音楽性の変化はそのまま時代の変化を見ているようで、実に興味深いものがある。

わたしは一時期、テンプスにハマっていた。男性コーラスグループでは今でもいちばん好きだ。

以下は、わたしが愛するテンプテーションズの至極の名曲ベストテンです。

第10位 ザ・ウェイ・ユー・ドゥ(1964)
The Way You Do the Things You Do

songwriters : Smokey Robinson, Robert Rogers

ミート・ザ・テンプテーションズ+2

1961年のデビュー以来3年の間は、7枚のシングルを出すも売れず、テンプスは低迷した(このあたりはモータウンの同僚のシュープリームスとまったく同じ状況)。

しかし、この時代のモータウンの屋台骨を支えた天才、スモーキー・ロビンソン作・プロデュースのこの曲で初のヒットを飛ばしてブレイクした。全米11位。R&Bチャート1位。

リード・ヴォーカルはファルセットのエディ・ケンドリックス。

第9位 ビューティ・イズ・オンリー・スキン・ディープ(1966)
Beauty Is Only Skin Deep

songwriters : Norman Whitfield, Edward Holland Jr.

グレイテスト・ヒッツ(1)

1964年に加入した、お世辞にもきれいな声とは言い難いのに妙に味のあるバリトン・ヴォイスのデヴィッド・ラフィンがリード・ヴォーカルを取るようになると、テンプスはヒットを連発する。この曲もラフィンのリードだ。

きれいじゃなくてもリアリティやパッションが感じられる声が求められるようになったのは、ロックやソウルの時代になったからだろう。

明るい曲調が人気を博して、全米3位。全英18位の大ヒットとなった。

第8位 ジャスト・マイ・イマジネーション(1971)
Just My Imagination

songwriters : Norman Whitfield, Barrett Strong

Sky's the Limit by TEMPTATIONS (2013-10-22)

夢見るような浮遊感のあるサウンドが特徴の、片思いの心情を歌ったせつなくも美しいバラードだ。全米1位。全英8位の大ヒットとなった。

わたしはこの曲はローリング・ストーンズのカバーで先に知った。ストーンズのカバーもめちゃカッコいい。

リードは前半がファルセットのエディ・ケンドリックス、後半はバリトンのポール・ウィリアムズだ。

第7位 ゲット・レディ(1966)
Get Ready

songwriter : Smokey Robinson

Gettin Ready

全米29位と、黄金時代の真っ最中にしてはなぜかチャートには嫌われたものの、スピード感のある、文句なしにカッコいい曲だ。

リード・ヴォーカルはファルセットのエディ・ケンドリックス。

第6位 エイント・トゥー・プラウド・トゥ・ベッグ(1966)
Ain’t Too Proud to Beg

songwriters : Norman Whitfield, Eddie Holland

Gettin Ready

リード・ヴォーカルはバリトンのデヴィッド・ラフィン。

この曲もローリング・ストーンズがカバーしている。ストーンズは他に「マイ・ガール」もカバーしてるし、よほどテンプテーションズが好きらしい。おかげでわたしもテンプスを好きになったわけだけれども。

全米13位。全英21位。

イギリスではこの曲が初めてのヒット曲となった。

第5位 シンス・アイ・ロスト・マイ・ベイビー(1965)
Since I Lost My Baby

songwriters : Smokey Robinson, Warren Moore

The Temptin' Temptations (Remastered) by The Temptations (1998-10-20)

これも失恋の歌。リードは眼鏡のバリトン、デヴィッド・ラフィン。

日本では「ベビーは行っちゃった」というタイトルでシングルが発売された。この曲のせつないメロディーがすごく好きだ。

全米17位。R&Bチャート4位。

第4位 雨に願いを(1968)
I Wish It Would Rain

songwriters : Norman Whitfield, Barrett Strong, Rodger Penzabene

雨に願いを

デヴィッド・ラフィンの情熱的なダミ声に耳が釘付けになり、中間のストリングスの間奏で心を揺さぶられる、失恋を歌った名曲だ。

全米4位、R&Bチャート1位。

第3位 パパ・ワズ・ア・ローリング・ストーン(1972)
Papa Was a Rollin’ Stone

songwriters : Norman Whitfield, Barrett Strong

オール・ディレクションズ

60年代のスタイルとはテーマもサウンドもガラリと変わった、社会派意識高い系のニュー・ソウルの影響がみられる刺激的な名曲だ。

若くして死んだ父親があまりに近所の評判が悪いことを気にし、母親に「パパはどんな人だったの?」と息子が訊くという歌詞である。

パパは生涯定職に就かず、詐欺師のように人から金をまきあげ、借金にまみれ、女と酒に溺れ、転がる石のような人生だった、と母親はありのままを説明する。

そして、彼が帽子を置いた場所が我が家になり、母と息子に残したのは孤独だけだ、と嘆く。

何者にもなれず、妻と息子にもなにも残してやれずに死んでいった、どこにでもいるろくでなしの男について歌った、考えさせられる歌詞だ。

ニュー・ソウルやファンクの影響の濃いアレンジがまた衝撃的なカッコ良さで、全米1位の大ヒットとなった。

第2位 ユー・アー・マイ・エヴリシング(1967)
You’re My Everything

songwriters : Norman Whitfield, Cornelius Grant, Roger Penzabene

ウィズ・ア・ロット・オブ・ソウル

ファルセットのエディがメインでリードを取り、バリトンのデヴィッドが部分的にリードを取った曲。全米6位、R&Bチャート3位の大ヒットとなった。

テンプスはストリングスのアレンジが印象的なものが多いけれども、この曲はその中でも特にストリングスの美しさが強く記憶に残る名曲だ。

第1位 マイ・ガール(1964)
My Girl

songwriters : Smokey Robinson, Ronald White

Temptations Sings Smokey by TEMPTATIONS (2013-10-22)

初期メンバーのエルブリッジ・ブライアントの脱退に伴って新加入した、苦みの効いたバリトンのデヴィッド・ラフィンが初のリード・ヴォーカルを務めた曲で初の全米1位を獲得する大ヒットとなった。

その後も立て続けにヒットを連発し、このときのメンバーは現在も「クラシック5」と呼ばれ、テンプスが最も輝いた時代の黄金メンバーとして愛されている。

テンプテーションズといえばこれ、と言われる代表曲であり、スモーキー・ロビンソンの代表作でもあり、モータウン・レコードのシンボルとも言える名曲だ。

素晴らしいメロディーと、クールなアレンジ、間奏のストリングスも印象深い、完璧なポップ・ソングだ。

以上、テンプテーションズ【名曲ベストテン】The Temptations Greatest 10 Songsでした。(ゴロー)

Visited 36 times, 1 visit(s) today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする