バズコックス/ボーダム(1977)

Spiral Scratch

【パンク・ロックの快楽】
Buzzcocks – Boredom

「誰だってロックバンドが出来る」。70年代パンクは、そんなD.I.Y.(Do It Yourself)精神を合言葉に、一気に拡がりを見せた。

さらには自分たちの街にセックス・ピストルズを呼んでライヴを主催し、自分でもバンドを結成し、自分たちでレーベルを立ち上げ、自分たちでレコードを製作し、自分たちで販売した究極のD.I.Y.バンドが、マンチェスターのバズコックスだった。

この曲は、彼らが最初に製作した4曲入りデビューEP『スパイラル・スクラッチ(Spiral Scratch)』収録曲で、初期の代表曲だ。

まだセックス・ピストルズも「アナーキー・イン・ザ・UK」のシングルしか出していない1977年1月という早い時期に、バズコックスはすでに「パンク・シーンはもう退屈だ」と歌っている。

この曲を書いたピート・シェリーは、「パンクはこうあるべき、みたいな固定観念がパンクをダメにしていく」ということを言っているそうで、まったくその通りだ。

このアマチュアリズム溢れる演奏の「ボーダム」は当時のパンクスたちのアンセムになったが、その後のバズコックスはパンクの型にハマらない、ポップなメロディーやせつないラヴ・ソング、ユーモラスな歌詞、あるいはハード・ロックのようなサウンドや実験的な楽曲など、あらゆることに挑戦した。

ある意味で最もパンク・バンドらしいバンドだったとも言える。

Visited 27 times, 1 visit(s) today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする