No.030 ジャニス・ジョプリン/心のかけら (1968)

Cheap Thrills
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ 30
Janis Joplin – piece of my heart

この曲はわたしがいちばん好きなジャニスの歌。

まさに魂の叫びのように、鬼気迫るテンションで、なにかに憑かれたように歌ったジャニス。
たったの27歳で死んでしまったことを思うと、身をすり減らしながら、まるで命と引きかえの絶唱だったかのように思えてくる。

彼女がこの世を去ってからもう46年にもなるけど、今に至ってもまだ彼女に比肩するような女性ヴォーカリストは現れていない。(と思う)
たぶんもう二度と現れないのだろう。

≪ブルースの女王≫ことベッシー・スミスに憧れて歌い始めたジャニスなら、ブルースやR&B、あるいはジャズの世界に行ったとしてもおかしくなかったと思うしどこでも成功したと思うけど、彼女がロックという畑を選んでくれたことに今さらながら感謝したい気持ちになってくる。

当時はまだまだ自由で、「なにをやってもいい」音楽だったロックは、常識を突き抜けた彼女の歌声と才能をありのままに開花させるのにいちばんふさわしかったのではないか。

たったの3年しか活動できなかったのだから、本当に一瞬で駆け抜けたようなものだけど、それでもロックの歴史に永久に残る作品を遺してくれたことを感謝したいと思う。

Visited 41 times, 1 visit(s) today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする