No.121 サイモン&ガーファンクル/サウンド・オブ・サイレンス (1964)

Wednesday Morning 3am
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その121
Simon And Garfunkel – The Sound Of Silence

てっきりこの曲は67年のダスティン・ホフマン主演の映画『卒業』で有名になったのかと思いこんでいたが、違っていたようだ。

もともとは1964年の彼らの1stアルバム『水曜の朝、午前3時』に収められていた曲で、そのときはヴォーカルとアコギだけのバージョンだった。

このアルバムはまったく売れなかったらしいが、公民権運動の活動家だった友人の死への無念と怒りと悲しみを歌ったこの曲が学生たちに評判となっているのを知ったプロデューサー、トム・ウィルソンが、ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」のレコーディングのために集まっていたミュージシャンを使ってバンドサウンドをオーバーダビングし、サイモン&ガーファンクルのふたりには無断で勝手にシングルとして翌年に発売したらしい。

作者のポール・サイモンは激怒したらしいが、シングルは全米1位に輝いた。
『卒業』はその2年後にこの楽曲や「ミセス・ロビンソン」を挿入歌として製作された。

わたしは二人のコーラスとアコギが美しく溶け合う、64年のアコギバージョンのほうが好きだ。

「暗闇」のことを「僕の古い友人」と呼んで、難解な言葉を紡いでゆくイメージは、狂気の一歩手前のような憤りと厳粛な哀しみを感じさせる。

深く、美しい曲だ。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする