No.401 マディ・ウォーターズ/アイム・レディ (1954)

ベスト・オブ・マディ・ウォーターズ+8
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その401
Muddy Waters – I’m Ready

男・マディが「おれは用意できてるぜ!」と豪快にどやしつける、男子はたじろぎ、女子は体が火照ってたまらなくなるような一曲だ。

ロックンロール誕生前夜の1954年にR&Bチャート4位まで上がった、マディを代表するヒット曲のひとつだ。
初期のカントリー・ブルースからもうずいぶん進化したシカゴ・ブルースには、ラジオ向きのポップな要素もあり、スピードを感じるグルーヴ感もあり、すでにロックの原型として完成を見ているような曲だ。
わたしはこの時代の、まるで地下水路の中で録音したみたいなチェス・レコードの音が大好きだ。

このマディ・ウォーターズ、そしてチャック・ベリー、エルヴィス・プレスリー、ジョニー・キャッシュは、わたしにとって「偉大なる祖父」のような、別格的な存在である。
彼らはその後のすべてのロック&ポップスの創業者のようなものだ。
この英雄たちを心から尊敬し、感謝している。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ごろー より:

    シカゴブルース Love?
    わたしはブルースはやはりマディ・ウォーターズが好きなので、シカゴ・ブルース中心に聴いてきました。

    特にチェスレコードは、マディやチャック・ベリー、ハウリン・ウルフ、リトル・ウォルター、エタ・ジェイムズなどのスターがいて、天才ソングライターのウィリー・ディクソンがいて、一丸となって売れるレコードをつくることを目指していたようなので、楽曲もアレンジも、ラジオで流れてなんぼみたいなポップな要素があると思います。

  2. フー太郎 より:

    また一つ勉強になりました。
    シカゴブルースがポップだとは露も知りませんでした。デルタブルース一派やロバートジョンソンは知っていましたが、シカゴは恥ずかしながらスルーしていました。近々去年に発表されたストーンズの昔のブルースのカバーアルバムを聴いてみます。