サンディ・ショウ/ハンド・イン・グローヴ(1984)

Hand In Glove

【カバーの快楽】
Sandie Shaw & The Smiths – Hand In Glove

サンディ・ショウは、1964年に17歳でデビューした、イギリスの女性ポップ・シンガーだ。

バート・バカラック作曲の2ndシングル「恋のウェイト・リフティング(Always Something There To Remind Me)」(なんちゅう邦題だ)が全英1位となってブレイクした。

60年代後半までヒットを連発したものの、70年代以降は子育てに専念し、1984年にザ・スミスのデビュー・シングル「ハンド・イン・グローヴ」のカバーで復活した。

スミスの「ハンド・イン・グローヴ」は、前年に発表されたものの全英124位と、メンバーの家族親戚しか買ってないんじゃないかというぐらいのコケっぷりだった。

もともとモリッシーはサンディ・ショウのファンだったそうで、それはそれは嬉しかったことだろう。

非商業主義的な尖ったインディ系ロック・バンドと、その昔一世を風靡した女性ポップス歌手の意外な組み合わせは、日本に例えて言えば、華原朋美が神聖かまってちゃんをカバーするようなものだろうか。

バック・バンドをザ・スミスが務めたり、PVを作らないことで有名なバンドが彼女のPVには出演するなど、その全面協力ぶりに、嬉しさがあふれ出ているようだ。
その甲斐あってか、サンディ・ショウのバージョンは全英27位と、オリジナルよりはだいぶ売れた。

動画はTV出演時のもので、バックはもちろんザ・スミスだ。

当時37歳のサンディ・ショウが、若干オバちゃん風のノリで、はしゃぐ姿がなかなか良い。
床に寝転んで歌うパフォーマンスもいいし、最後に思わずツイストなんか出ちゃったのもまた微笑ましい。

年をとっても可愛らしさが残る、ちょうどいい感じの熟女ものAVに出会ったときのような、ほっこりした気分になれる。

↓ ザ・スミスのオリジナル。