【妄想レコード】ザ・ローリング・ストーンズ『ザ・ベスト・オブ・クソ・ロックンロール』

The Rolling Stones
『The Best of F××king Rock and Roll』

ブルース、カントリー、ソウル、ファンク、ディスコなどなど、たぶん、ロック史上最も音楽性の幅が広いバンドのひとつであるローリング・ストーンズだけれど、ビートルズみたいにアート化や複雑化のほうにだけはいかなかった。まあ、正確に言えば、ちょっとやってみたけど、向いてないと悟ったのか、二度と手を出さなかった。

その代わりにシンプルなチャック・ベリー直伝のロックンロールを何年もかけて磨きをかけ、育て上げ、心に残るものはないけれども、とにかく勢いと高揚感だけはあるという、究極の「クソ・ロックンロール(もちろん誉め言葉だ)」を極め、多くのレコードの溝を埋めた。

わたしはこの「クソ・ロックンロール」だけを集めたレコードがもしあったら、めちゃくちゃカッコいいロックンロール・アルバムが出来るのではないかと妄想したのだった。
そしてチョイスしたのが以下の10曲である。

ストーンズのベスト・アルバムに入りそうな曲はほぼ無いし、好きな曲や優れた曲は他にもあったものの、ここでは流れを重視し、曲順にこだわって、この10曲を選んだ。

自分で聴いてもほれぼれするほどだ。
全10曲で33分。こんなカッコいいロックンロール・アルバムを聴いたのは『ラモーンズの激情』以来かもしれない(言い過ぎかもしれない)。

ストーンズを初めて聴く方にはまったく奨めないけれど、コアなストーンズ・ファンのみなさんにはぜひ、プレイリストにするなりして、試しに聴いてみてほしいなと思います。

SIDE-A ① リスペクタブル
Respectable(1978)

オープニングはアルバム『女たち』からのシングル。全英23位。この時代だから、たぶんパンクへの対抗心なんだろうな。

SIDE-A ② サマー・ロマンス
Summer Romance(1980)

『エモーショナル・レスキュー』収録曲。このテキトーな感じに、テンションが上がる。

SIDE-A ③ ハング・ファイヤー
Hang Fire(1981)

『刺青の男(Tatoo You)』収録曲。イントロのキャッチーなコーラスがカッコいい。シングルでもないのに、こんなPVがあったとは。。

SIDE-A ④ レット・ミー・ゴー
Let Me Go(1980)

『エモーショナル・レスキュー(Emotional Rescue)』収録曲。なんか、やっぱり、チャーリー・ワッツって最高。

SIDE-A ⑤ ライズ
Lies(1978)

『女たち(Some Girls)』収録曲。これでA面ラストだ、盛り上がれ。

SIDE-B ① ハド・イット・ウィズ・ユー
Had It with You(1986)

B面の1曲目はこの『ダーティ・ワーク(Dirty Work)』収録のスカスカ・ロックンロール。ベースが入ってないのは意図してのことなのか、単にベーシストが来なかったのかは不明。

SIDE-B ② ダーティ・ワーク
Dirty Work(1986)

アルバム『ダーティ・ワーク(Dirty Work)』のタイトル・トラック。沢田研二もカバーした、ハイテンション・ロックンロール。

SIDE-B ③ ワナ・ホールド・ユー
Wanna Hold You(1983)

キース・リチャーズがリード・ヴォーカルの曲。『アンダーカヴァー(Undercover)』収録曲。

SIDE-B ④ ホールド・オン・トゥ・ユア・ハット
Hold on to Your Hat(1989)

『スティール・ホイールズ(Steel Wheels)』収録曲。ハイテンション・シャッフル・ロックンロール。

SIDE-B ⑤ リップ・ジス・ジョイント
Rip This Joint(1972)

アルバムの最後を締めくくるのは『メイン・ストリートのならず者(Exile on Main St.)』収録の超ハイテンション・ロックンロール。「ストーンズのパンク・ロック」と呼ぶ人も。

選んだ10曲がぶっ続けで聴けるまとめ動画集をYouTubeで作成しました。

↓まとめ動画集

また、apple musicのプレイリストとしても作成済みです。

apple musicをご利用の方はこちらのリンクからプレイリストにジャンプできます。

【妄想レコード】ザ・ローリング・ストーンズ『ザ・ベスト・オブ・クソ・ロックンロール』 The Rolling Stones “The Best of F××king Rock and Roll”

ぜひお楽しみください。

Visited 45 times, 1 visit(s) today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする