ザ・ローリング・ストーンズ/ルビー・チューズデイ(1967)

Through the Past Darkly: Big Hits 2

ザ・ローリング・ストーンズ
【100グレイテスト・ソングス】#42
The Rolling Stones – Ruby Tuesday

「1967年は分岐点だった。縫い目がほころんだ年だった」とキース・リチャーズが自伝で語ったように、実際この年でローリング・ストーンズが終わりを迎えたとしてもおかしくなかった。

この「ルビー・チューズデイ」は、その1967年というストーンズ最悪の年の幕開けに、「夜をぶっとばせ」と両A面という形で発売されたシングルだった。

そしてその翌月、ミック・ジャガーとキース・リチャーズは早朝に警察に踏み込まれ、薬物所持で逮捕された。その後5月にはブライアン・ジョーンズも逮捕され、6月にはキースは懲役1年、ミックは懲役3カ月の実刑判決が下り、それぞれ別の刑務所に収監される。
その後腕のいい弁護士が上訴すると、有罪判決が覆り、運良く釈放となったが、これが現代であれば、アーティスト生命は間違いなく絶たれたところである。

当時のファンたちはそれでもストーンズを応援しようと、この「ルビー・チューズデイ」のリクエストがラジオ局に殺到し、全米1位、全英3位になった。電気グルーヴのファンたちも頑張れ。

さらにザ・フーもストーンズを救援するため、「アンダー・マイ・サム」と「ラスト・タイム」をカバーして、実刑判決が出た直後にシングルとして発売した。スチャダラパーも頑張れ。

当時はまだドラッグに関する知識も法整備もあやふやで、悪い物か良い物かさえ一般の認知度は低く、警察もどう扱っていいものやらよくわからなかった時代だったようだ。

なので警察は、ドラッグをこれからどんどん取り締まっていくぞと、世間の悪ガキどもに知らしめるために、知名度のあるロックスターをまずは血祭りにあげてアピールしたのが真相らしい。

なんでビートルズじゃなくてストーンズが標的になったかというと、「ビートルズに手を出すわけにはいかなかった。あいつらにはもう勲章を授与していたからだ」とキースは語っている。

Visited 21 times, 1 visit(s) today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする