ザ・ミュージック「ザ・トゥルース・イズ・ノー・ワーズ」(2002)

The Truth Is No Words

【21世紀ロックの快楽】
The Music – The Truth Is No Word

イギリスのザ・ミュージックは2002年にデビューした4人組だ。日本でもよく売れたようだ。

当時彼らはたったの18歳だった。
若いエネルギーが爆発するような「これぞ初期衝動」とでもいうような、気持ちいいぐらい元気がよくて、新鮮で、カッコよかった。

若者はやっぱりこうでなくちゃ。
元気なだけじゃなくて、才能を感じる良い曲を書いたし、技術も高かった。「ザ・ピープル」もカッコよかったなあ。

その彼らも2011年に解散。
それにしてもデビューから9年でアルバム3枚は少なすぎる。
どういう事情があったのか知らないけど、若いんだからもっとバンバン働いてくれよなあ、とも言いたくなる。

前にも書いたかもしれないけど、近年になればなるほど、ロックバンドのレコードリリースの間隔が空いていくのが気になるのだ。そんなふうだから続かない。

どこのだれの方針だか知らないけれど、ビートルズやストーンズのデビュー当時みたいに、3カ月ごとにシングルとか、年にアルバム2枚とか、若くて輝いてて勢いのあるうちにジャンジャン出せばいいのに。
せっかくの才能をムダにしてほしくないですからね。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする