ネッズ・アトミック・ダストビン/ハッピー(1991)

God Fodder

【90年代ロックの快楽】
Ned’s Atomic Dustbin – Happy

ネッズ・アトミック・ダストビンは1991年にデビューした、イギリスのバンドだ。

5人組だが、ギターは1人で、ベースが2人いる、めずらしい編成なのが特徴のバンドである。

ふつうはギターが2人いるのにベースがいなかったりして、人の好いほうがベースをやらされがちなのに。


彼らのデビューからリアルタイムで雑誌の記事を読んでいたが、彼らはまず、バンドのロゴが入ったTシャツが人気になって火が点き、先にTシャツが売れてから、そのあとをCDが追っかけていったような印象がある。

彼らはとても若く、わたしも若かったが、彼らはもっと若く、少年のようだった。


正直、彼らの音楽には特別な才能の輝きは感じられなかったし、完成度は高くなかったし、どれを聴いても同じように思えた。

でも若さゆえの勢いは微笑ましかったし、なにかスパークして弾け飛ぶようなエネルギーが漲っているのが羨ましかった。

この曲は彼らの4枚目のシングルで、全英チャート16位と、彼らにとって最高位を記録した曲だ。


いま聴いてももちろんたいした出来ではないのだけど、青臭い強行突破の瞬発力の記憶は、あの当時、1991年を思い出す。

金はないし、欲しいものは手に入らないし、ただ時間だけがムダに過ぎて年を取っていくようで、将来もよく見えず、なんだか不安になるような冴えない毎日だった。

でも、こんな音楽を聴いているときだけは、たしかに”Happy”だったのだろう、今でもこの曲を聴くとあの当時がずっとHappyだったような錯覚に陥る。

錯覚じゃないのかな?

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする