デペッシュ・モード/アイ・フィール・イット(1993)

ソングス・オブ・フェイス・アンド・デヴォーション(紙ジャケット仕様)

【90年代ロックの快楽】
Depeche Mode – I Feel You

1993年という、英米同時ギター・ロック激アツ時代に素直に影響され、さらにロック色を濃くし、バンドのイメージを完全に変えたシングル。

この曲をオープニングに配した8枚目のアルバム『ソングス・オブ・フェイス・アンド・デヴォーション』は、全英、全米、フランス、ドイツ、オーストリア、スイスで1位を獲得する、世界的な大ヒット作となった。アルバムジャケットでも初めてメンバーの顔写真を使用するなど、無機的なエレクトロニックではなく、ロック・バンドを志向していることを強調しているようだ。

わたしは初めて聴いたときに、ハウリン・ウルフを思い浮かべた。
足首に枷られた重いボール&チェーンを引きずるようなグルーヴと、デペッシュ・モードらしからぬ野性味あふれる叫ぶヴォーカル、そしてPVの冒頭で揺れるロッキングチェアは、ハウリン・ウルフのアルバム・ジャケットを想起させたのかもしれない。PVのデイヴ・ガーンは、まるでミック・ジャガーのようにワイルドに腰をくねらせながら歌う。

サウンドは当時流行の、ミニストリーやナイン・インチ・ネイルズなどのインダストリアル・ロックのようでもある。

カッコいい曲だ。
わたしはデペッシュ・モードの曲ではこの曲が一番好きだ。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする