名盤100選 19 ジーザス&メリー・チェイン『21シングルズ』 (2002)

21シングルズ:ザ・ベスト・オブ

衝撃的、という意味ではわたしにとってこれ以上の音はない。
それがこのシングル集の1曲目、彼らのデビューシングルである「アップサイド・ダウン」である。
もしこの曲に、このバンドに出会っていなければ、わたしは90年代以降もロック・ミュージックを聴き続けたとは思えない。
この殺伐とした、この異常に完成度の低いバンドが放射するエネルギーは、わたしに未来のロックミュージックをもっと聴きたいという熱狂的な気分にさせた。

80年代のポップ・ミュージックではエレキギターは影の薄い存在となった。
それよりシンセや打ち込みの音のほうが新鮮だったのだ。
ロックバンドはいちおう決まりとしてエレキギター担当者を置いてはいたが、いかにエレキギターらしい音を出さないか、あるいはいかに弾かないか、ということに注力しているかのようだった。
そこへこれである。
1984年、マドンナが安物の衣装で「ライク・ア・ヴァージン」を歌ってた頃のことだ。

キュイイイーーーーーーンンンピピーーーーキィィィィィキキキキキキーーーガーーーーーーーーーーーーー

最初から最後までエレキギターの耳をつんざくようなフィードバック・ノイズの嵐、その嵐の向こうにかすかにドラムのぽこぽこいう音と歌ってる声らしきものがかろうじて聴こえてくる。
まるでエレキギターを初めてアンプにつなげて、どのつまみを調節していいかわからずにあたふたしているうちに終わってしまったような曲だった。
水圧でコントロールできなくなった消防ホースのようにエレキギターがホワイトノイズを放出しながら跳ね回っている。

エレキギターとは本質的にはノイズを出すための楽器なのだということをあらためて認識した。
そしてなにより衝撃を受けたのは、これが前衛とかそういうものではなく、ちゃんとポップソングとして成立していることである。
メロディそのものは60年代のポップスのようにシンプルでわかりやすい。ただし甘いシュガーコーティングの代わりに、フラストレーションの爆発のようなフィードバックノイズに包まれている。
まあえらく聴きにくいポップソングではあるが、もともとロックなんてものは聴きにくいのがウリの音楽なのだ。

この1曲が後の90年代英米のロックミュージックの方向性を決定付けたと言えるだろう。
エレキギターを抱えた若者たちが一斉にアンプのヴォリュームぐいっと上げたのである。
そこからマイ・ブラッディ・ヴァレンタインやライドやオアシスが生まれ、アメリカにも飛び火してダイナソーJrやピクシーズやニルヴァーナやスマッシング・パンプキンズを生んだ。
若者だけではなくニール・ヤングのようなおっさんにも影響を与え、彼に轟音ギターの弾きかたを思い出させ、復活させることとなった。

ジーザス&メリー・チェインはウィリアムとジムのリード兄弟によるバンドだ。
ドラムにはボビー・ギレスピーがいたが、彼は早々に脱退して自分のバンド、プライマル・スクリームをつくった。なのでセカンド・アルバムからはドラム・マシンで録音されている。
セカンド・アルバムではフィードバック・ノイズは影を潜めて、ゴスっぽい耽美的な音楽に変化する。サードの『オートマティック』ではドラム・マシンによる、異常に無機的でクールな、完成度の低いロックンロールが楽しめる。
そんなふうに彼らはアルバムを出すたびに一風変わった新型ポップミュージックを創造して楽しませてくれた。そのどれもが画期的だった。
たしかに一般的には聴きやすいバンドではないだろうが、それにしても、あまりにも彼らは過小評価されすぎている。

ジーザス&メリー・チェインはいったいどんな引き出しからあんなありえないような音楽を生み出したのか。
パンクとも似ていないし、サイケでもない。過去にまったく似たものがないのだ。
きっと偶然の産物なのだろう。

彼らにはカート・コバーンやビリー・コーガン、ノエル・ギャラガーのような音楽的才能は感じられない。ソニック・ユースのようなインテリジェンスも戦略性も感じられない。
でもリード兄弟にはサブカルチャー方面にやたらと利く「鼻」があるのだ、たぶん。
リード兄弟はロック・ミュージシャンよりはきっとウォーホルやバスキアのようなアーティストに近い、たぶん。
曲のタイトルがやたらとカッコいいのにもそんなセンスを感じる。

コメント

  1. funnyface より:

    実は
    聴いた事ないんです、、、ジザメリ。お恥ずかしい。
    音源がなかったもんだから、iTunes storeで視聴してみました。

    なるほど”元祖”でした。笑

    聴きにくいのがロック!あなた様のこの言葉に胸をうたれました。
    ズキュン。
    腕が上がってくるとつまらなくなるアーティスト、それは私も常々感じておりました。

    故に私は荒削りのまんまでがんばります!笑

  2. ゴロー より:

    あらびき芸な人たち
    フェイクアニへ
    マイブラやオエイシスもそのうち書くけど、その前にまずは敬意を表してオリジネイターであるジザメリからやっとかんといかんと思ってね。
    好きなジャケのベスト10もいいですね。やりましょう。

    まーこさんへ
    要するにこういうバンドはあらびき芸なんですね。ロックのあらびき団。
    完成度が低くて粗いけど、だからこそリアルな素の輝きがあってオリジナリティがある。
    完成度っていうのはあくまで商業ベースに乗せるために磨くものであって、完成度が高いからって面白くなるわけではない。それはベテラン漫才師の、老若男女誰にでもわかりやすい、完成された漫才みたいなものですね。上手い、でも面白いわけではない。

    いや、本人たちは完成度を高くしたいと思ってるはずなんですよ。それで食っていきたいわけですから。
    だから腕が上がってくるとだんだんつまらなくなってくる、というアーティストもいますね。まあたいていはそうなんだけど。

    ハートブレイカーズに書いていただいたコメントも読ませていただきました。
    ニューヨーク・ドールズもストゥージズなどと並んで元祖あらびき芸のバンドでしょうね。
    音楽の完成度もだけど、女装の完成度がまた輪をかけて低かったなあ、あれは。IKKO並みだった。

    4桁の数字を入れるのって、そんなにうまくいきませんか? わたしはいつも一発でいけますけどねえ。

  3. まーこ より:

    ジザメリ
    おぉ・・”ジザメリ”・・と短縮鉄道的に言ってみました☆(笑)

    1度聴いてみたぃと思ってたこのバンド!!!
    ゴローさん、やっぱり大絶賛デスね!
    聴いた事ナィのにゴローさんやフェィク・アニさんは好きだと思ってました!!(笑)

    再結成なんですょね・・!?
    今年のサマソニにも出てるし、他でも噂は聞くし、1時間の特集もケーブルTVで組まれてました。
    勿論録画☆
    観るのが楽しみデスゎ♪

    私でも聴けそうかしらん!??

  4. フェイク アニ より:

    至るシューゲイザー
    轟音フィードバックの「ンンンンー!」の部分はホントに「ンンンンー!」としか表現できないから表記もこれなぁのだぁ。これでいぃのだぁ。
    でも、ライドなんて誰も知らんでしょう?オエイシスの現ベーシストがギター弾いてたバンドです、って余計に解りにくいわ!
    でもジザメリかぁ。マイブラの「ラヴレス」(ジャケ写がメチャ秀逸!)で来ると思ってました。

    あ、そうだ今度【好きなジャケット BEST 10】やらん?シングル含めてもOK。
    勝手に募集中!おいらのは近日発表!