インスパイラル・カーペッツ/サターン5(1994)

Devil Hopping

【90年代ロックの快楽】
Inspiral Carpets – Saturn 5

1988年にデビューしたマンチェスター出身のインスパイラル・カーペッツは、ストーン・ローゼス、ハッピー・マンデーズとともに、ロックとダンスを融合したマッドチェスター・ムーヴメントの一角を担った。

彼らはキーボードがサウンドの中心になっているのが特徴的で、なんとなく60年代のサイケデリック・ロックを思い起こさせるようなノスタルジックな印象もあった。

この曲は彼らが1994年に発表した4枚目のアルバム『デヴィル・ホッピング』からのシングルで、全英20位のヒットとなった。

しかし、マッドチェスター・ムーヴメントはもう完全に終了していた。すでにハッピー・マンデーズは解散していた。そしてこの翌年、インスパイラル・カーペッツも解散し、翌々年にはストーン・ローゼスも解散する。

ノエル・ギャラガーは、このインスパイラル・カーペッツのローディーをしていた。ヴォーカルのオーディションも受けたが、不合格だった。そのため彼は弟が組んでいたバンド、オアシスに加入し、ちょうどインスパイラル・カーペッツと入れ替わるように、1994年にデビューする。

ノエルがもしカーペッツの正式メンバーになっていたりしたら、ロック史は大きく変わっていた可能性がある。

ならなくて、良かった。

Visited 70 times, 1 visit(s) today