No.241 カーティス・メイフィールド/ムーヴ・オン・アップ (1970)

Curtis (Dlx)
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その239
Curtis Mayfield – Move On Up

シカゴ出身のコーラスグループ、インプレッションズの一員として60年代に活躍したカーティス・メイフィールドは、1970年にソロ・アルバム『カーティス』を発表する。

彼はマーヴィン・ゲイやダニー・ハサウェイ、スティーヴィー・ワンダーと同様に、当時の公民権運動を背景にして、ダンスビートやシャウトだけではない、真摯に同胞に語り掛けるような、新しいソウルを創造していった。

社会問題や人種問題を題材にしながらも決して過激にならず、言葉も音楽も知的に冷静に、新しい響きで創りあげられている。
わたしはその発表から20年以上経ってから聴いたものの、それでも斬新であり、真摯な音楽だなあと感じたものだった。

この曲はその1stアルバムに収録された彼のヒット曲だ。
ザ・ジャムもカバーしているし、TV番組でもよく使われる曲なので聴いたことのある人も多いだろう。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする