ジェイソン&ザ・スコーチャーズ/アブソリュートリー・スイート・マリー(1983)

Absolutely Sweet Marie

【カントリー・ロックの快楽】 その5
Jason & the Scorchers – Absolutely Sweet Marie

カントリーの聖地ナッシュヴィル出身者の独特のグレ方なのか、カントリーとパンクとヘヴィメタを融合させたようなスタイルで、〈カウ・ロック〉または〈カウ・パンク〉と呼ばれたジェイソン&ザ・スコーチャーズは、1982年にデビューした。


わたしは最初、たまたま彼らの「ルート66」を聴いて、そのカントリー・フレーヴァーとパンクの疾走感と、メタメタ弾きまくるヘヴィメタ風ギターに爆笑しながら惚れ込んで、他の曲も聴いてみたのだった。

この曲は1stアルバムの前の、7曲入りEPの冒頭を飾る、彼らの初期の代表曲だ。


一応ボブ・ディランの曲だけど、原曲のイメージは跡形もない。
よくあることだがボブ・ディラン本人のバージョンより、圧倒的にキャッチーに生まれ変わる「あれ、これってこんないい曲だったっけ?」のパターンである。