No.314 ディオンヌ・ワーウィック/ウォーク・オン・バイ (1964)

グレイテスト・ヒッツ1962-1987
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その314
Dionne Warwick – Walk On By

ディオンヌ・ワーウィックの出世作で、全米6位まで上がる大ヒットとなった曲だ。

これも彼女のヒット曲を何曲も書いたバート・バカラック&ハル・デヴィッドのソングライターコンビによる名曲である。

ディオンヌの最大の武器はその美しくてキレのよい声だけど、このバカラック&デヴィッドの書くポップで美しい曲にピッタリだ。
フックのあるメロディやひねりのあるオリジナリティは、真のポップス職人が書いた曲だなあといつも感心してしまうのだ。

この曲にもカバー・バージョンがたくさんあるが、わたしは中でもアイザック・ヘイズが1969年に発表したアルバム『ホット・バタード・ソウル』に収録された、12分に及ぶ大曲と化したカバーが異様すぎて大好きだった。ここで選ぼうかとも思ったけれど、さすがにディオンヌを差し置いてそっちを選ぶわけにもいかない。

好事家の方は、機会があればぜひ。
普通の方にはディオンヌだけで充分。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする