トム・ウェイツ/トム・トラバーツ・ブルース(1976)

スモール・チェンジ(紙ジャケット仕様)

【夜のロック】その5
Tom Waits – Tom Traubert’s Blues

1976年のアルバム『スモール・チェンジ』のオープニング・ナンバー。

トム・ウェイツの代表曲で、いかにもトム・ウェイツらしい、彼の個性が存分に発揮されている曲だ。

トム・ウェイツってどんなアーティスト?って尋ねられたら、この曲を聴かせるのが手っ取り早いかもしれない。

きっと、息をのんで聴き入る人と、苦虫を噛みつぶした顔で拒否する人に分かれそうだ。


デビュー・アルバムの『クロージング・タイム』からわずか3年だが、そのあいだになにがあったんだろうと思わせるような声のつぶれ具合である。

決して動画が古いから音声が割れているわけではない。レコードでもこういう声だ。

いわゆる「悪声」ではあるけど、この美しい曲にこれ以上ふさわしい声はないと思えるから不思議なものだ。


日本ではなぜか、2009年のフジテレビのドラマ『不毛地帯』のエンディング曲に使われた。
なんでだろう、『白い巨塔』の「アメイジング・グレイス」みたいなイメージで使ったのかな。
だとしたらなかなかの選曲だと思う。

Visited 62 times, 1 visit(s) today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする