ライド/ライク・ア・デイドリーム (1990)【’90s Rock Masterpiece】

Play

Ride
Like a Daydream (1990)

1990年にデビューした英国のバンド、ライドが1990年4月にリリースした4曲入りのEP『Play』に収録された曲。彼らの代表曲だ。

あまり中身の無い、ほぼ勢いだけの曲ではある。
しかし当時のわれわれは、この閃光のように目映い輝きと、一瞬で散ってしまう儚さのようなこの曲に、胸を貫かれたのだ。この曲には「青春そのもの」などというクサい形容がよく似合う。

初めてギターを手にした子供のように闇雲にかき鳴らす轟音ギターと、シンプルなのに滅法ポジティヴに、美しく聴こえる歌メロ。それ以外にはなにもないところが潔くて、感動的ですらあった。

技量も引き出しも無いからこういうシンプルな曲しかできないバンドと、それだけで充分!と受け止めることができたリスナーの、幸福な関係があったのだ。

彼らの、下を向いたまま無表情に、ギターを力まかせにかき鳴らす演奏スタイルは「シューゲイザー(靴を見つめる人)」と呼ばれた。

当時20代前半のわたしはなんだか道に迷ったような人生を送っていたので、わたしもやはり心は「靴を見つめる人」のようだった。

ちょうどこの時期に、この曲が好きで意気投合したやつに出会った。彼は、明るくて社交的なくせに、わたしと同じように、やはり人生に迷っていた。そいつとは親友になり、今も家族ぐるみの付き合いが続いている。

いろいろ、思い入れの深い曲だ。

(Goro)

Visited 83 times, 1 visit(s) today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする