ソニック・ユース/クール・シング (1990)【’90s Rock Masterpiece】

Kool Thing - Wikipedia

Sonic Youth
Kool Thing (1990)

ヴォーカルのみ女子であとは男子というロックバンドはいくらでもいるけど、ギターのみ女子とか、ドラムのみ女子というバンドは滅多にいない。でもベースのみ女子というバンドはときどきある。トーキング・ヘッズやピクシーズ、スマッシング・パンプキンズ、ポーグス、そしてこのソニック・ユース。日本のバンドにもサカナクションとかスーパーカーとか結構ある。これはなんでだろう? ベースは、ギターやドラムより女子に向いているのか?

理由はよくわからないけど、でもベースのみ女子というバンドは、見た目が抜群に良い。カッコいいし、華があるし、セクシーだ(※個人差があります)。

先人の影響というのもあるのかもしれない。
70年代のバンドでベースが女子のバンドというと真っ先に浮かぶのはトーキング・ヘッズだ。
トーキング・ヘッズの影響でベース女子が増えたというのはあんまり想像しにくいけど、しかし同じくN.Y.のバンド、ソニック・ユースの影響でベース女子が増えたというのはあり得るかも知れない、と思う。

なってったって、キム・ゴードンだ。ベース女子界のゴッドねえちゃんといった貫録がある。
見た目も、微…絶妙な感じがカッコよくて、当時の音楽誌の発言(社会問題から最近のお気に入りのバンドまで)もやたら影響力があったし、ファッションも個性的でブランドのデザイナーもやったりして、これはもうロック少女が憧れるにちがいない。

1990年6月にリリースされたアルバム『GOO』からの最初のシングル・カットとなった「クール・シング」は、米オルタナティヴ・チャート7位という、ソニック・ユースにとって過去最高のヒットとなった。この曲でリード・ヴォーカルを取っているのはキム・ゴードンだ。そしてゲストにパブリック・エナミーのチャックDが参加している。

キムの知性的ともセクシーともとれる魅力的なヴォーカルと、妙に透明感があって美しいノイズが曲を独特のものにしている。疾走感のある、まさにクールな曲だ。

MVではあのゴッドねえちゃんがめずらしく胸の谷間を強調したりセクシーポーズをとったりしているのが楽しい。嬉しい。

(Goro)

Visited 91 times, 1 visit(s) today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする