ザ・ローリング・ストーンズ/ホット・スタッフ(1976)

ブラック・アンド・ブルー

ザ・ローリング・ストーンズ
【100グレイテスト・ソングス】#46
 The Rolling Stones – Hot Stuff

マディ・ウォーターズのブルースとチャック・ベリーのロックンロールを咀嚼して血肉とするところからスタートし、ブリティッシュ・ビート・バンドとして人気を博したローリング・ストーンズは、プロデューサーにジミー・ミラーを迎えてさらにディープな米国南部のルーツ・ミュージックを指向し、真にオリジナリティ溢れるストーンズにしかできないロックを創造し、一時代を築いた。

その後、再び現代のブラック・ミュージックへと回帰したのが、1976年のアルバム『ブラック・アンド・ブルー』だった。この「ホット・スタッフ」は、そのオープニングを飾るファンク・ナンバーだ。

この曲ではジェームズ・ブラウンのようなファンクを、見事にロック化してみせた。
わたしはまだファンクなんて言葉も知らなかった頃に聴いて、この曲のカッコ良さにシビれたものだった。

今考えても、この時代にファンクをやっている白人のロック・バンドなんて他にいただろうか?
ミクスチャー・ロックの先駆けとも言える、画期的な名曲だ。

誰が弾いてるのかわからないけど、ファズっぽいギターもカッコイイな。

Visited 82 times, 1 visit(s) today