ロッド・スチュワート/キリング・オブ・ジョージー(1976)

Night on the Town

【70年代ロックの快楽】
Rod Stewart – The Killing of Georgie (Part I and II)

1976年のアルバム『ナイト・オン・ザ・タウン』からのシングルで、全英2位、全米30位ヒットに。ロッド自身が作詞・作曲している。

ロッドの友人でゲイだった、ジョージーの生涯について語られる歌だ。
テーマといい、曲調といい、わたしはルー・リードの「ワイルド・サイドを歩け」を思い出してしまう。

少年時代、ジョージーがゲイであることを両親は理解できなかった。間違っている、まともになれと諭した。ジョージーは最愛の両親の理解を得られないことに悲嘆し、家を出てニューヨークへ移り住んだ。

ニューヨークの進歩的な人々は彼を受け入れた。彼は人気者になり、自分の居場所を見つけた。誰からも愛され、街の新たなクイーンになった。

ロッドが最後に彼に会ったのは2年前、彼に恋人が出来たという報せを聞いて嬉しかったと言う。

しかしある晩、恋人の男性とブロードウェイの芝居を見に行った帰り、夜道を腕を組んで歩いていると、ギャングたちに絡まれた。
夜の街に叫び声が響き、ジョージーはナイフで刺され、頭を舗道に打ち付けて死んだ。

ジョージーはいつもこう言っていた。
「待ったり、ためらったりするな。手遅れになる前にやってみよう。チャンスは二度とないかもしれないんだから」と。

そんな歌だ。
「ストーリーテラー」と称されるロッドの、本領発揮の名曲だ。

曲は2部構成になっていて、4分半で一度終わると、その後にビートルズのあの名曲と同じメロディで「ジョージー、いかないでくれ、ここにいてくれ」と歌う、せつないリフレインが繰り返される。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アバター mooondreams より:

    1970年代に聴いてた頃はLGBT(性の多様性)の認識が甘く、芯から理解できていなかったな~。まあ、当時も今もあんまり歌詞理解せず聴いていますけどね。
    名盤『ナイト・オン・ザ・タウン』からのシングルカット。2部構成が素敵ですね。
    僕もお気に入りで、ロッドのアルバムではトップ3に入ります。

    • ゴロー ゴロー より:

      コメントありがとうございます!

      わたしも基本的には洋楽の歌詞はあんまりちゃんと読んだりしません。英語も苦手ですし。この曲はブログで取り上げるためにいろんな和訳を読ませてもらって、だいたいのストーリーを把握しただけのことです。

      たしかに『ナイト・オン・ザ・タウン』は名曲の多い名盤ですね!