名盤100選 68 アレサ・フランクリン『レディ・ソウル』(1968)

レディ・ソウル

わたしはダンス系のR&Bが苦手だ。
だからマイケル・ジャクソンの良さもまったくわからない。
『スリラー』が大ヒットしたのはわたしが18歳のときで、まさにリアルタイムで絶頂期を知ってる世代なのだけど、当時から、そして今でもまったくわからない。
彼の場合は視覚パフォーマンスの要素が大きなウェイトを占めるのに、わたしがそういうことにあまり興味を持たないというせいもあるだろう。
わたしは基本的に音だけでいいのだ。

でもアレサ・フランクリンのような「ソウル歌手」は好きだ。
このアルバムはまずタイトルが堂々としてていい。
わたしがソウルの女王よ、と宣言しているのだ。なかなか言えることではない。
自ら宣言するだけのことはあって、アレサは当時まだ26歳でありながら、もはや女王の風格充分である。

1968年といえば、60年代のロック&ポップスが成熟のピークに達した頃だ。
ヒットシングルを生産することだけが目的ではなく、アーティストたちはものすごいスピードで次々に音楽の新しい扉をひらいていった。

このアルバムはその成熟のピークに達した新しい時代の音楽の集大成となっている。まったく新しいソウルミュージックであるにも関わらず、非常に完成度が高いアルバムである。
「ピープル・ゲット・レディ」のような社会派のシリアスな歌や、キャロル・キングやヤング・ラスカルズなどの白人の音楽まで、彼女が歌うとこれ以上はない説得力で、見事なソウルミュージックとなる。

このあいだ、30代前半のロック好きの後輩と話をしていたら、CDは何百枚と持っているけど、なぜか女性アーティストのものがほとんどない、と言う。色気のないCDラックですよ、と自虐的に言う。
わたしと同じタイプだなあ、と思った。
わたしも若い頃は、女性アーティストをほとんど聴かなかった。
それは、わたしやその後輩がロックという音楽に求めているのが、鑑賞するというより、共感して聴くという部分が大きいからで、それは主に自分の年齢に近い同性に共感するということなのだう。
女性アーティストには、たとえ音楽は気に入っても、共感とはちょっと違うというところがあるのだ。

ただ、40歳を過ぎたわたしは、あたりまえだが、さすがに現在の20代のアーティストには共感できなくなってきた。
そして、共感を求めて音楽を聴かなくなると、ほぼ鑑賞としてだけ音楽を聴くようになった。
それで最近はよく女性アーティストの音楽を聴く。洋楽も邦楽も合わせて、たぶん7割ぐらいは女性アーティストだ。

オーディオをグレードアップして声が超リアルに聴けるようになり、女性の声の艶っぽさとかを楽しむことが多い。
レディ・ガガやテイラー・スウィフトから、ジュエル、ディキシー・チックス、そして木村カエラや中島みゆきやマイラバや松田聖子や八代亜紀まで、若い頃にはありえなかったほど、「共感」ということにはまったくなにもこだわらずに、女性を抱けるように、じゃなかった、聴けるようになった。
これはわたしの成長の証である。

コメント

  1. まーこ より:

    あ~黙っちゃいられなくなっちゃったゎ・・・
    カレンもYUKIもバングルスもめっちゃ好きなVo.デスゎ~☆
    その他で、ぶっちゃけてしまぅと・・aikoとか、吉田美和とか、coccoの歌声が伸びやかで心地良ぃのだなぁ~・・

    ノーダウトや、最近Y氏から教えてもらったカントリーの”ポニー何とかだったかな?”や、ラヴサイケデリコのKUMI、の声や歌い方はめっちゃキュートで大好き・・と、言うか、羨ましぃ。

    ジャニスは歌に込める魂が好き♪

  2. フェイク・アニ より:

    胸キュン
    バングルスのスザンナ・ホフスです。

  3. ゴロー より:

    この人の歌声なら
    女性アーティストなら、カーペンターズのカレン、クランベリーズのドロレス、シュープリームス時代のダイアナ・ロス、ジュディマリのYUKI、ELTの持田、赤い鳥の山本潤子、鬼束ちひろなど。

  4. まーこ より:

    使い分け☆
    確かに男性アーティストとは違う聴き方しますね。

    私が音楽を聴くのに一番重要なのは、勿論メロディーが気に入るか気に入らないかだけれども、私は歌ぅのが大好きなのでボーカルが何よりも大切なのデス。
    ボーカルの”艶”によるのが夢中になれるかどーかの分かれ目。

    ソウルシンガーは特に熱ぃ”説得力”が必要だから、絶対にBGMにはならなぃですね。
    男性女性問わず、聞き惚れたり一緒に歌いたくなっちゃぃます。

    実は艶と説得力、そしてキュートな、好きな女性アーティストで、この人の歌声だったら有無を言わさず聴いてしまぅってVo.は結構居るのだけど・・
    恥ずかしくて言えませんゎ。。(笑)

    こんな、アレサのアルバム時に産まれたよぅな私でも時々聴いて共感して(気持ちを思い出して)胸がキュンとなる事があるのデス。。。。。(*^。^*)
    いつまでも少女の気持ちを持った”乙女心”ってやつ?(笑)

  5. ゴロー より:

    ということは松本隆に共感してるってことか?
    ああそれはわかりますね。

    ほんとは弱いのに強いフリだけしてる女性が多いので、自分の弱さをさらけだすような女性の言葉にわたしはグッときますね。

  6. フェイク・アニ より:

    補足
    一寸コトバ足らずだったので補足。
    共感ってのはあくまでもロックの聴き方についてです。
    歌謡曲だと女性が歌う楽曲で共感できるモノは昔から幾つかありますが、だいたいは恋愛の歌で「女の子にはこう思っていて欲しい」的な部分をくすぐられると弱いです。
    まんまと松本隆とかの作戦にハマッていますね。

  7. フェイク・アニ より:

    そう、それよ
    そういった意味ではボクも「鑑賞」は出来るかな。でも、やっぱ「共感」に至る事は決して無いね。女性の方も解かると思うけど、女性蔑視的な事では無く、当たり前に違う生物なので。

    言ってくれてありがとう。スッキリしました。

    ただ、まだボクも若いので、女性アーティストを聴く割合は5分5厘くらいっすかね。