No.386 ニルヴァーナ/オール・アポロジーズ (1993)

In Utero - 20th Anniversary Remaster
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その386
Nirvana – All Apologies

あの日の記憶はいまだに残っている。
1994年4月のことだ。

わたしが昼頃に起き出して仕事に行く用意をしていると、TVのニュースで、「アメリカのロックグループ、ニルヴァーナのカート・コバーンさんが死去しました。27歳でした。死因は自殺とみられています」と伝えられた。

その時に流れた映像がMTVアンプラグドに出演してこの「オール・アポロジーズ」を歌っているところだった。
わたしはそれまできいたどんなウソよりも信じがたい気持ちで、口をぽかんとあけて座り込んだままだった。きっと半笑いみたいな半泣きみたいなアホみたいな顔をしていたにちがいない。

27歳で死んだアーティストはなぜか多い。
ロバート・ジョンソン、ジミ・ヘンドリックス、ブライアン・ジョーンズ、ジム・モリソン、ジャニス・ジョプリン、エイミー・ワインハウス、バッドフィンガーのピート、マニックスのリッチー、などなど。
《27クラブ》などとも呼ばれていて、実際には無名なアーティストも入れると50人を超える人数になるらしい。

カートの母は「あの子は愚か者のクラブに仲間入りしてしまった」と嘆いたと伝えられている。
わたしも母上にまったく同感である。
最高のロックアーティストだが、愚か者だ。

そのアナウンサーは続けて、「これでニルヴァーナは終わり、グランジブームも終わり、そして1950年代から始まったロックの歴史も、本日をもって幕を下ろすことになるでしょう」と言ったような気がしたのだけど、それはもしかするとわたしの妄想だったのかもしれない。

「オール・アポロジーズ」はニルヴァーナの3rdアルバム『イン・ユーテロ』の最後に収録された曲で、静かで印象的なメロディにのせて「全部おれが悪かったんだ」と謝る歌だ。

これがおれなんだ
他にできることもないし
謝るしかないんだ
おれがおまえみたいだったらよかったのに
はしゃいで気休めをさがすんだ
でもぜんぶおれの責任、おれが悪いんだ

太陽の下なら、ひとつになれる
明るい陽の光を浴びて
ひとつになったように感じて
そして結婚して
埋葬されるんだ
(written by Kurt Cobain)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする