ボストン/宇宙の彼方へ(1976)

幻想飛行

【70年代ロックの快楽】
Boston – More Than a Feeling

米マサチューセッツ州ボストン市出身のバンド、ボストンの1stアルバム『幻想飛行(Boston)』からのシングルで、全米5位の大ヒットとなった。

ボストンの音楽は日本でも大人気だったが、なぜか彼らの音楽はわたしの心の横っちょを風のように通り過ぎて行き、わたしの人生にはなんの影響も及ぼさなかった。

ボストンは、バンドから始まったわけではなくて、トム・ショルツという人が自宅で1人で作った音源がCBSに認められ、1stアルバム『幻想飛行』も1人で作り上げたそうだ。
ヴォーカルのブラッド・デルプ以外の演奏はすべてトム・ショルツによるもので、バンドのメンバーはライブ活動のためにオーディションで集めたそうだ。
どうやら天才らしいトム・ショルツという男は、マサチューセッツ工科大学の出身で、自宅のスタジオも自分で構築したらしい。

そういうことか。
音楽性の好み以前に、わたしとは学歴も住む世界も違いすぎるのだ。

日本でもボストンが大人気だった昭和50年代は当時「1億総中流時代」と呼ばれ、人々の生活も豊かだった。でもわたしは、そんな時代にあろうことか下流家庭に育ってしまい、義理の父に四六時中ボコボコにされ、泣いたり気絶したりしていた。

だからわたしには、トム・ショルツの壮大で華やかな工科大学的な音楽よりも、中学を退学処分になったジョン・ライドンや、公営住宅で父親から暴力を受けながら育ったノエルとリアムのギャラガー兄弟のような連中の創る音楽のほうに、より共感するのかもしれない。

トム・ショルツは、高度な技術によってロックからギザギザのケバを取り、耳あたりの良い新鮮なポップ・サウンドに加工して、爆発的に売れた。
さすがだ。やっぱり学歴のあるやつは金を生む術をよく知ってる。われわれは全然知らない。

ボストンのような質感のサウンドのロックは90年代以降は絶滅してしまった感があるので、今の若い人には逆に新鮮に響く可能性もある。特に高学歴・高収入を目指そうとしている立派な若者たちには、共感するものもあるのかもしれないので、お薦めだ。高学歴向きのロックだって、あったっていいのである。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする