No.391 キース・アーバン/サムバディ・ライク・ユー (2002)

Greatest Hits
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その391
Keith Urban – Somebody Like You

キース・アーバンはオーストラリア出身のカントリーロック・アーティストだ。

ロック界でももう滅多に見かけることはない、顔よし、声よし、ギターよし、と3拍子揃ったスーパースターである。おまけにカミさんは女優のニコール・キッドマンだ。

1991年に24歳でオーストラリアでデビューし、99年にアメリカデビュー、この曲は2ndアルバム『ゴールデン・ロード』からのシングルで、2000年代最大のカントリー・ヒットとなった。

昨今の現実逃避願望のような異様なロックではなくて、日常の空気に違和感なく響き、少しだけ気持ちを高揚させてくれるシンプルなロックンロールが聴きたいなら、こういう音楽を聴くといい。
昔ながらのロックンロールだけど、骨董品臭くなく、ちゃんと生き生きと鳴っている。

エンディングのギターのフレーズは、永久に繰り返してほしいと思うぐらい素敵だ。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする