No.461 KC&ザ・サンシャイン・バンド/ザッツ・ザ・ウェイ (1975)

ベリー・ベスト・オブ KC&ザ・サンシャイン・バンド<ヨウガクベスト1300 SHM-CD>
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その461
KC & The Sunshine Band – That’s The Way (I Like It)

ディランの次にKCなんて振幅が激しすぎて申し訳ないけれど、どちらも同じ時代にラジオから流れていたのは事実なのだ。

KC&ザ・サンシャイン・バンドは、フロリダのレコードショップの店員だったケイシー(KC)が中心となって、結成されたマイアミのグループだ。
白人・黒人混成のグループだが、ソングラテイングはKCとリチャードの2人の白人が担当している。
この曲は全米1位となり、ディスコブームの旗頭となったと言っても過言ではないだろう。

「ザッツ・ザ・ウェイ」は、70年代ディスコブームを代表する曲のひとつだ。
ディスコブームというのがどれだけ凄かったか、というのは当時小学校高学年ぐらいだったわたしはディスコで踊ったこともないので知らないけれど、ローリング・ストーンズやキッス、デヴィッド・ボウイ、クラフトワーク、ブロンディからオリヴィア・ニュートン・ジョンまでがこぞってディスコビートを取り入れた曲を発表したぐらいなので、その商業的な意義というのは相当なものだったのだろう。

上記のアーティストたちは見事に売れて成功したのでまだいいのだけど、パンクやニューウェイヴに押されて焦り、ディスコやテクノを取り入れて、黒歴史となったアーティストも多く存在したものだ。
そういう曲を集めたコンピレーションCDでもあったら楽しいのに。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. goro_0912 より:

    Re:すごい発想!
    でも今どきはCDなんて待たなくても、Apple musicでそういうプレイリストつくって公開すればいいのか。
    作ったろかな。

  2. r-blues より:

    すごい発想!
    >そういう曲を集めたコンピレーションCDでもあったら楽しいのに。

    同感death!