ニック・ロウ/ハート・オブ・ザ・シティ(1976)

Jesus of Cool (Reis) (変則6面開き紙ジャケット仕様)

【パブ・ロックの快楽】
Nick Lowe – Heart of the City

1stシングル「ソー・イット・ゴーズ」のB面として発表された、まるでパンク・ロックのような疾走感の痛快ロックンロール。

ダムドとか、ロンドン・パンクの影響で書いた曲かと思いきや、調べてみると1976年の夏に録音されているので、少しこっちのほうが早い。ラモーンズの1stの発売から3カ月後ぐらいだ。もしかするとこの曲がイギリスで一番最初にリリースされたパンク・ロックなのかもしれない。

わたしはニック・ロウの曲ではこれがいちばん好きかな。
もっと技巧を凝らした曲もたくさんあるんだけれども、どうしても血が騒いじゃうんだよねぇ。