追悼 デヴィッド・ボウイ

Changestwobowie
デヴィッド・ボウイは芸術面と商業面で成功を両立させた、真に革命的な、唯一無二のロック・アーティストだった。

妖しげなエロティックな香りを相当ハードにふりまきながらもインテリで、極上のポップセンスを持ちながらも異様にぶっ飛んだ発想でアンダーグラウンド・シーンからもリスペクトされる、とにかくなんでもアリ、どこまでいくのかわからないような「危険人物」の雰囲気を生涯持ち続けた稀有のアーティストだった。

わたしが最もよく聞いたアルバムもご多分に漏れず1972年の『ジギー・スターダスト』だった。このアルバムには特別な魔力がある。
わかりやすいポップ・ミュージックでありながら、それこそ火星にたった独りで取り残されたような絶望的な寂しさと哀愁が漂う。特に孤独な若者にとってははまりやすく、特別な愛着や思い入れを持ちやすい。アナログ・レコードなら部屋の壁に掛けたくなるほど、ジャケットも素敵だ。

このアルバムはドライブに持っていったり、iPhoneに入れて持ち歩くのは似合わない。深夜に部屋で独りでヘッドホンで聴くのが正しい聴きかただと思う。

他にも、『ダイヤモンドの犬』『ハンキー・ドリー』『ヒーローズ』『アラジン・セイン』など素晴らしいアルバムがたくさんあるし、90年代に組んだティン・マシーンというバンドも忘れられない。イギー・ポップをプロデュースして復活させてくれたことも感謝に堪えない。追悼しながらすべて聴き終わるには何日かかかりそうだ。

デヴィッド・ボウイもまた、その素晴らしい音楽によってこの地球を少し住みやすくしてくれた、われわれ(一部の)地球人にとっての恩人だ。
彼が今日この世からいなくなったことは寂しいけれども、同時代に彼がこの世に存在して音楽を遺してくれた奇跡を心から喜びたいと思う。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. まーこ より:

    Unknown
    私もこの曲大好きでした。
    ベストアルバムだけど、カセットテープが伸びきるほど夢中で聴いてたな。
    とっても残念。
    最後にアルバムも完成されて、ボウイらしく美しく生きた方ですね。

  2. フェイク アニ より:

    言葉が見つからない
    ついさっき訃報を知ったばかりで、本当に言葉が見つからない。
    いま、どの曲を聞きたいのかも思いつかない。
    書きなぐるようなコメントで申し訳ありませんが、やっぱりかなしい。
    bye-bye Bowie