ザ・ローリング・ストーンズ/ラヴ・イズ・ストロング(1994)

ヴードゥー・ラウンジ(紙ジャケット仕様)

ザ・ローリング・ストーンズ
【100グレイテスト・ソングス】#51
 The Rolling Stones –Love Is Strong

1994年発表のアルバム『ヴードゥー・ラウンジ』のオープニングを飾る曲。シングルカットされて全英14位、全米91位。

ヌラヌラ黒光りするようなごっついグルーヴに乗せてミック・ジャガーが低音で歌い、ブルース・ハープが時空を超えて息づく、ストーンズのまた新たな境地を感じさせたナンバーだった。わたしは90年代のストーンズではこの曲が1番好きだ。
ミックがこんな低域で歌うのはめずらしいけれども、とても魅力的だ。ジョニー・キャッシュのカバーでもやってくれないもんかな。

やっぱりロックバンドはグルーブだな。
最近のロックバンドは、変わったことはいろいろやるけど、グルーヴを生み出すのを恥ずかしいとでも思ってるのか、パソコンで書かれた横書きの手紙みたいに味気なかったりする。もっとこう、ぶっとい毛筆でグイングイン書くような、そんなロックはもう生まれないものか。

Visited 25 times, 1 visit(s) today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする