No.368 チープ・トリック/トゥナイト・イッツ・ユー (1985)

スタンディング・オン・ジ・エッジ+6(完全生産限定盤)(紙ジャケット仕様)
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その368
Cheap Trick – Tonight It’s You

チープ・トリックの8thアルバム『スタンディング・オン・ジ・エッジ』からのシングル・カットで、シングルとしては3年ぶりにチャート入りした(44位だが)曲だった。

アルバムは日本でもオリコンチャートに入らなかった。彼らが日本で売れて以来、初めてのことだ。
要するに彼らがいわゆる「落ち目」になっていた頃の曲だ。
イヤな言葉だな、落ち目なんて。大キライだ。

リック・ニールセン本人も言っているが、「良い曲も書けたけど、つまらない曲も山ほど書いた」というのはソングライターの本音なのだろう。
良い曲、あるいはヒット曲を書き続けるということは大変なことだし、たまたまヒット曲がしばらく出ていないだけで「落ち目」と呼ばれ、コンサートも不入りになり、過去のアーティストに分類され、宣伝も二の次にされ、新しいアルバムを出しても昔のようには売れない。
ロックバンドという商売も大変なものだ。

それでもチープ・トリックは今もなお現役で活動中だ。
今年でデビュー42年を迎える。
素晴らしい。

これもまた、リック・ニールセンの才気煥発がスゴい、良い曲だ。
あらためて聴いてみるとこれ、もう少し荒っぽく、騒々しくやったら、ニルヴァーナだ。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする