No.271 チープ・トリック/永遠のラヴ・ソング (1982)

ワン・オン・ワン
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その271
Cheap Trick – If You Want My Love

チープ・トリックの6枚目のアルバム『ワン・オン・ワン』からのシングルだ。
全米45位が最高位なので、大ヒットまではいかない。小ヒットぐらい。

この辺の曲まで選ぶなんてチープ・トリックへの贔屓の仕方がスゴいなと我ながら思わないでもないが、好きなのはもちろん、名曲なのだから仕方がない。
きっとまだあともう2曲選ぶだろうな。

チープ・トリックはビートルズの影響が強いバンドと思われがちであるが、リック・ニールセン(g)はこう言っている。
「ビートルズは60年代のチープ・トリックだ」

また、チープ・トリックのほぼすべての楽曲を書いている、同じくリックはこうも言っている。
「つまらない曲も山ほど書いてる。たぶん、持久力があるってことじゃないかな」
持久力は大事なことだ。

この曲なんかを聴くと、チープ・トリックってその後アメリカで出てきた、さわやかポップ・メタル・バンドたちへも強い影響を与えたのかな、なんて思う。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする