No.435 エルヴィス・プレスリー/サスピシャス・マインド (1969)

ELVIS 30 NO 1 HITS
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その435
Elvis Presley – Suspicious Minds

Suspicious Mindsとは、疑い深い心、疑心暗鬼、不信感、みたいな意味だそうだ。

この曲はシンガー・ソングライターのマーク・ジェイムスという人が書いて68年にシングルとしてリリースした曲で、翌年にエルヴィスがカバーして大ヒットした。
エルヴィスとしては7年ぶりの全米1位、そして最後の1位となった。

これを書きながら75年のアルバム『エルヴィス・トゥデイ』を聴いているが、わたしはやっぱりこの人の、色気の塊みたいな声が無性に好きで、なにを歌っても名曲に聴こえてしまうし、どんなアルバムでも名盤に聴こえてしまうほどだ。

もしかするとロック界で一番好きな声なのかも知れないなと思う。わたしがもしオカマなら、声だけで抱かれたいと思ってしまうだろう。
いや違うか、もしオカマならじゃなくて、もし女なら、だな。

動画はラスベガスのショーより。
汗だくでフラフラしながらもサビを延々と繰り返し、全力でステージアクションをこなす姿が神々しい。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さえ より:

    エルビスの声は本当に魅力的。子供の頃に初めて聞いた彼の歌。知らない外国の男性の歌声だけど言葉や意味も分からなかったけれど引き込まれました。観客席を見ても男性も沢山いますね。男女問わず彼の色気ある声に魅力されてます。どんな曲も心に届くのが彼の永遠の魅力だと思います。

    • ゴロー より:

      さえさん、コメントありがとございます!

      本当にそうですね。エルヴィスが登場してもう60年以上が経ちますが、いまだに彼の声を超えるような、色気も力強さも、優しさも孤独も、すべてを同時に表現するような深い声には出会ったことがありません。
      唯一無比の声だったと思います。