No.481 ブラー/ソング2 (1997)

Blur
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その481
Blur – Song 2

オアシスを5曲も選んだのに、当時のブリット・ポップのもうひとつの大将、ブラーを1曲も選ばないわけにもいかないだろう。

ブラーは3rd『パーク・ライフ』なんかはよく聴いたけど、オアシスと比べると9.5対0.5ぐらいでオアシスのほうを聴いていたので、全体的にはあまりよく知らなくて申し訳ない。

この曲は彼らが、それまでのブリット・ポップ路線を捨てて、ギタリストのグレアムが好んだアメリカのオルタナ(グランジとか)に遅ればせながら寄せてきた5枚目のアルバム『ブラー』からのシングル・カットで、世界的なヒットとなった曲だ。これでようやくアメリカでも受け入れられるようになったらしい。

はっちゃけたときのU2みたいな、ストレートな豪速球の潔さがカッコいい曲だ。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする