エディ・コクラン【名曲ベスト5】Eddie Cochran Greatest 5 Songs

エディ・コクラン・ベスト

米ミネソタ州出身のエディ・コクランは、1955年にハンク・コクランと組んだカントリー・デュオ、コクラン・ブラザーズとしてレコード・デビューする。
2人ともコクランで、ブラザーズを名乗ってはいるけれど、血縁関係ではなく、赤の他人である。「堂本兄弟」みたいなものだ。

しかし、コクラン・ブラザーズはシングル3枚で解散し、ハンクはカントリー・シンガーとして後に成功する。

エディは18歳で「バルコニーに座って」でソロ・デビューを果たした。

そして「サマータイム・ブルース」などの大ヒットで、ロックンロール草創期の立役者となった。

そして、21歳のときに交通事故でこの世を去る。

わずか3年、あっという間のことだった。

20世紀前半は世界大戦が続き、人類が自滅の危機に瀕した最悪の時期だったが、その悪い流れを変えたのがロックンロールの誕生だったとわたしは思っている。

なのにそのロックンロール・ヒーローたちはことごとく若くして表舞台から姿を消すか、あっという間にこの世を去っていった。

このひどい仕打ちはなんなのだろうか。神様はそんなにロックンロールが嫌いなのか。

エディ・コクランが生前に発売したシングルは11枚、アルバムは1枚のみだったが、その後も多くのアーティストたちが彼の曲をカバーし、死から60年経った今もなお、彼の音楽は聴き継がれている。神には愛されなかったが、人類には愛されている。

彼の音楽には当時の新鮮な響きや生々しい興奮がそのまま感じられる。だから時代が変わっても聴き継がれるのだろう。

以下は《ロックの快楽》選定、エディ・コクランの至極の名曲ベスト5です。

第5位 ジニー、ジニー、ジニー(1958)
Jeannie, Jeannie, Jeannie

Songwriters : George Motola, Ricky PageDeluxe: Greatest Hits - Eddie Cochran

一度聴いただけで覚えられる、シンプル極まりないキャッチーなロックンロール。
ストレイ・キャッツがあの名盤、1stアルバムでカバーしている。われわれの世代なんかはストレイ・キャッツから彼のことを知ったという人も多いだろう。わたしもそのひとりだ。

わたしはこれを永らくリトル・リチャードの1957年のシングル「ジェニ・ジェニ」と同一曲だと思い込んでいた。
タイトルもそっくりだけど「ジェニジェニジェーニ!」という歌い出しもよく似ているからだ。

ちゃんと聴けば全然違うのだけれど、違うことに気が付いたのはなんと、今から4日前のことである。

第4位 トウェンティ・フライト・ロック(1957)
Twenty Flight Rock

songwriters : Eddie Cochran, Ned Fairchild

Twenty Flight Rock

1956年、コクラン・ブラザーズを解散したエディにひょんなことから映画出演の話が舞い込んだ。
当時のロックンローラーたちが多数出演した『女はそれを我慢できない』という音楽映画で、コクランはこの「トウェンティ・フライト・ロック」を演奏するシーンがある。

この出演をきっかけにリバティ・レコードと契約し、ソロ・デビューすることになる。エディ・コクラン、17歳のときのことである。

ローリング・ストーンズが1982年のライヴ盤『スティル・ライフ』で思わず唸るほどカッコ良くカバーしている。この曲をこのストーンズ版で知ったという人も多いだろう。わたしもそのひとりだ。

動画はその『女はそれを我慢できない』の出演シーンから。
関係ないけど、ブロンド女の胸のデカさが気になる。

第3位 サムシン・エルス(1959)
Somethin´Else

songwriters : Sharon Sheeley, Bob Cochran

サムシン・エルス

エディのガールフレンドのシャロンと、兄のボブが書いた曲。全米58位、全英22位。

発表から20年後、ジョニー・ロットンが抜けた後の、シド・ヴィシャスがヴォーカルを取った偽セックス・ピストルズのバージョンが全英3位のヒットとなった。これをきっかけにパンクスたちがエディ・コクランを聴いたという貢献は果たしただろう。シド・ヴィシャスが生前行った唯一の善行と言えるかもしれない。

パンクからロックンロールの原点へと遡る窓口として、エディ・コクランはすごく入りやすかったと思う。わたしもそこから入った。

「サムシン・エルス」の過去記事はこちら

第2位 カモン・エヴリバディ(1958)
C’mon Everybody

songwriters : Eddie Cochran, Jerry Capehart

カモン・エヴリバディ

全米35位、全英6位。

わたしがこの曲を初めて聴いたときはすでに発表から30年近く経っていた。でも、なんてクールでカッコいいんだろう、と思った。ケバケバしいロックやややこしいロックに汚れっちまった耳が洗われるようだった。

今やもう、発表から62年が経ってしまったけど、今聴いてもまだ清々しい響きがする。生まれたての天使のような、ロックンロールの赤ちゃんだ。

今の若者でも同じことを思うかな?

わかってほしいけどなあ。

「カモン・エヴリバディ」の過去記事はこちら

第1位 サマータイム・ブルース(1958)
Summertime Blues

songwriters : Eddie Cochran, Jerry Capehart

サマータイム・ブルース

エディ・コクランの最大のヒット曲。全米8位、全英18位。

夏だっつーのに働いてばかりで、遊びにも行けない若者の歎きを歌った曲だ。

わたしは働いてるか飲んでるか寝てるかぐらいのつまらない人間なので、働くことについての歌はリアルに共感できる。みんな働いてるのだから、もっと働くことについての歌がたくさんあればいいのに、と思うほどだ。

映画『ラ・バンバ』では、エディ・コクラン役をブライアン・セッツァーが演じてこの曲を歌うシーンがある。これ以上のハマり役はないだろう。

多くのアーティストがカバーしてるけどやはりザ・フーのバージョンが最高だろう。

サンフランシスコのバンド、ブルー・チアーは強烈なディストーション・ギターで、原曲の夏の爽やかさやユーモアなど微塵もない、酷暑の鉄工所での重労働などを思い浮かべてしまうヘヴィなバージョン。

カントリー・シンガー、アラン・ジャクソンの94年のカバーはその真逆で、太陽の下でも爽やかな風が吹き抜けるような、湿度の低いカラッとしたサマータイム・カントリー・ブルースだ。

T.レックスは木魚の高速連打みたいなパーカッションがユニークな、変態バージョンだ。変態の人にお薦め。

そして、いちばんの問題作はRCサクセションによる、原発を批判した替え歌バージョンだろう。

わたしは科学知識がないのでなんとも言えない。
でも、原子力発電は危険だという人もいるし、火力発電はCO2を出して地球を温暖化するからダメだと言う人もいるし、水力発電は自然を破壊するという人もいるし、風力発電は近所迷惑だという人もいる。

難しい問題だ。

「サマータイム・ブルース」の過去記事はこちら

エディ・コクランのベスト5曲がぶっ続けで聴けるまとめ動画集をYoutubeで作成しました。

↓まとめ動画集

ぜひお楽しみください。